実践相場格言717句

 小利大損

目先の損益に拘っているとやがて大損をすると言うことでしょう。
目先の損得とは、いつまでも逃した魚の目方を計ってみたり、妄想に近いような期待をチャンスと感じて飛びついたり、目の前の損失に対処することなく好転を夢想して自滅したりするような行為です。
そうした商いは言い換えれば感情的で近視的な損得勘定に左右されて行うトレードです。
こうして文字にして並べてみて改めて客観的にこれらを吟味すると「大損」と言う警告も得心できるのではないかと思います。

 五十音順 前後の格言

 上昇に転じた相場は上昇を続け、下落に転じた相場は下落を続ける

「そう言い切っていいのか」とツッコみたくなるような格言です。 あるいはそうであるならどこで「転じた」と言えるのかともツ…(続きを読む)

 小損失はかえって大利益になることがある

捨て石とか捨て駒とか言いますが、あえて今を捨てることにはそれなりに「意味」があります。 何のために今迅速な損切りが必要…(続きを読む)

 上手はあれど名人なし

何の世界でも「名人」はいるようですが、それが厳密な評価であると感じている人は少ないはずです。 伝統芸能などを見ればわか…(続きを読む)

 勝負に神仏なし

芝居やドラマ、落語などでもよく相場に失敗して全財産を失いクビを吊って死んだと言った逸話は多々ありますが、失敗者に対して…(続きを読む)

 小なるもたまれば金倉を満たす

相場で生き残るためにはモティベーションの維持がとても大事です。 よく「一攫千金」と言いますが、根気のない人には相場は向…(続きを読む)

 小利は失敗のもと

ここで言う「小利」とはコツコツと小さな利益でも根気よく積み重ねると言う意味ではなくて、目先の損得、あるいは「利確に神経…(続きを読む)

 初心者にとって一番悪い教師は、少しばかり相場を知っている人である

「千早振る」と言う落語があります。 「あんさん何でもよう知ってなさる」と周囲からおだてられている隠居に、近所の職人が百…(続きを読む)

 資力相応に仕掛くべし

たぶんこれは誰しも意識し、十分に分かったつもりでいることでしょう。 しかし、これがなかなかコントロールできないのです。 …(続きを読む)

 素人がプロに勝てるのは時間である

本当の投資のプロは「時間の価値」を知りぬいているものなのでこの格言にはやや違和感を覚えますが、現役の専業トレーダーに比…(続きを読む)

 新社屋の建設を発表したら、その会社の株を売れ

個人的経験ではこの格言を絵にかいたような会社を数社知っているので、この言葉に触れると感慨のようなものがあります。 その…(続きを読む)

相場と投資関連の経済用語、金融用語の解説集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
相場の格言、ことわざ、金言、名言を収録した格言集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
投資関連の手法やそれに伴い用語を広く集めて解説してあります。
五十音の索引からも引ける形式にしてあります。
広告


 サイトからのお知らせ。
・11/25日 最新のお知らせや重要なサイトの更新は現在特にありません。

・このサイトはグーグルクロム(Google Chrome PC版)に最適化しています。

広告



TOP