実践相場格言717句

 順乗の空腹上がりなり、秋名月に買いの種まけ

「順乗」とは前年の米が豊作すぎたために今年は安く米が買えるような状態です。
「空腹上がり」とはそうした相場も秋になって収穫期を迎えれば一旦はムードもあって価格が上がると言う意味です。
直訳すれば今は値上がりしそうもない相場だが秋になれば買い場は訪れるから今から買っておけ、あるいはツバを突けておけと言うやや気の長い話ですが、たとえ今がやりにくい相場であっても需給のタイミングやムードの形成されるタイミングが廻ってくれば、やがて必ずやりやすい相場も訪れると言う意味にとっておくとよいのではないでしょうか。

 五十音順 前後の格言

 重要なのは自分が信じたり考えたり期待することではなく、相場がどう動くかである。

ワイルダーの「アダムセオリ」と言う本の中で自分の手法に一定の自信を持っている投資家が急落する相場を前にいつまでも「そん…(続きを読む)

 需給はあらゆる材料に優先する

今相場を動かしているものがニュースで取り上げられた材料で説明できても、あるいはその材料を帳消しにするようなセンチメント…(続きを読む)

 主役の投資家がどう動くかを見守れ

「主役」と言うのは市場に影響を及ぼすような大口の投資家、あるいは大口の投資家が揃って行うような投資行動の事です。 「い…(続きを読む)

 順ザヤ売りの逆ザヤ買い

「順ザヤ」とは、先物価格が現物価格を上回る状態、「逆ザヤ」はその反対の状態のことです。 市場に逆らわずに、あるいは市場…(続きを読む)

 順商内と見定めたならば、万両も一手に乗せが、智の秘密なり

「順商内」とは思い道理の展開になった「あきない」、つまり順調な商売のことです。 相場ではこれは思惑が当たった状態を指し…(続きを読む)

 十中六度見込みの当たる者は資産を興し得べし

よく「常勝○○」とか「○○年以来、ただ今全勝中」みたいなキャッチフレーズの投資商材の広告を目にしますが、そう言う広告を見て…(続きを読む)

 順にいて逆を忘れず逆にいて己を捨てず

順調に行っているときこそ、心に奢りが高ぶってくることを警戒しなければならないと思います。 そうしたものがやがてトレード…(続きを読む)

 証券価値が最終的にいくらになるということについては、答えなどあるものではない。まさに十人十色で、専門家が十人寄れば十の違った結論ができる。

手にした証券の行き着く価値と言う意味であれば、この格言は矛盾したものなので、たぶん手にした証券の潜在的価値、あるいは「…(続きを読む)

 勝算がなければ戦わない

相場では目の前にチャンスがきたと感じたり、今なら儲かると思ってみたり、経験の浅い人ほどそう言う事を感じがちなことでしょ…(続きを読む)

 上昇に転じた相場は上昇を続け、下落に転じた相場は下落を続ける

「そう言い切っていいのか」とツッコみたくなるような格言です。 あるいはそうであるならどこで「転じた」と言えるのかともツ…(続きを読む)

相場と投資関連の経済用語、金融用語の解説集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
相場の格言、ことわざ、金言、名言を収録した格言集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
投資関連の手法やそれに伴い用語を広く集めて解説してあります。
五十音の索引からも引ける形式にしてあります。
広告


 サイトからのお知らせ。
・09/22日 最新のお知らせや重要なサイトの更新は現在特にありません。

・このサイトはグーグルクロム(Google Chrome PC版)に最適化しています。

広告



TOP