実践相場格言717句

 重要なのは自分が信じたり考えたり期待することではなく、相場がどう動くかである。

ワイルダーの「アダムセオリ」と言う本の中で自分の手法に一定の自信を持っている投資家が急落する相場を前にいつまでも「そんなはずはない」「自分の見立てとは違う」「相場が間違っている」などと頑ななこだわりと根拠のない期待値から反転の可能性を語っている横で、あどけない少女(エレナではなく、ヒアナウと言うわざとらしい名前)がありのままのチャートを見て、この急落にどうしてパパは気づかないのと訴えかけるエピソードがあります。
主観的な解釈より、客観的な事実が優先すると言ういわば当たり前の話ですが、これは分かったような気がしている時期には往々にして起こり得る珍現象です。
期待値と言う妙なバイアスやフィルターが心の目にかかっているために当たり前のことがわからないのです。
ちなみに「アダムセオリ」自体、個人的印象では実はワイルダーが投資倶楽部の会員に提供するネタに困ったあげく、そのネタ切れを埋め合わせようともがくと言う非常に主観的な過ちを犯しているような内容になっています。
テクニカルのバイブルのような本(テクニカル分析入門)を書いているワイルダーですらこうなのですから、主観と言う「天邪鬼」は甘く見るべきではないように思います。

 五十音順 前後の格言

 失敗の損失を悔やむなその反省から大きな幸が生まれる

悔いるだけでは新しいものは生まれてはこないと言う意味だと思います。 「あの時」「あそこで」的な悔いからは何も生まれない…(続きを読む)

 仕手につくのは最初だけ

仕手とは巨額の資金を株価操作しやすいような特定の銘柄に投入し、株価を操って利益を上げようとする「違法行為」です。 経験…(続きを読む)

 自分のやったトレードから学ぼうとする人間は進歩する

こうしたことはいろんな分野で同様のことが良く言われています。 進歩するためには学ぶのは必然と言う事でしょうが、何をどう…(続きを読む)

 自分よりも相場を知らない人の助言に従ってはならない

行き詰ったり、スランプに陥ったり、あるいは重大な迷いにとりつかれたりすると藁にもすがると言うような思いがことあるごとに…(続きを読む)

 しまったはしまえ

トレードにしくじったと気づいたらジタバタせずにひとまず迅速にポジションを閉じることが肝心だということでしょう。 白紙の…(続きを読む)

 需給はあらゆる材料に優先する

今相場を動かしているものがニュースで取り上げられた材料で説明できても、あるいはその材料を帳消しにするようなセンチメント…(続きを読む)

 主役の投資家がどう動くかを見守れ

「主役」と言うのは市場に影響を及ぼすような大口の投資家、あるいは大口の投資家が揃って行うような投資行動の事です。 「い…(続きを読む)

 順ザヤ売りの逆ザヤ買い

「順ザヤ」とは、先物価格が現物価格を上回る状態、「逆ザヤ」はその反対の状態のことです。 市場に逆らわずに、あるいは市場…(続きを読む)

 順商内と見定めたならば、万両も一手に乗せが、智の秘密なり

「順商内」とは思い道理の展開になった「あきない」、つまり順調な商売のことです。 相場ではこれは思惑が当たった状態を指し…(続きを読む)

 順乗の空腹上がりなり、秋名月に買いの種まけ

「順乗」とは前年の米が豊作すぎたために今年は安く米が買えるような状態です。 「空腹上がり」とはそうした相場も秋になって…(続きを読む)

相場と投資関連の経済用語、金融用語の解説集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
相場の格言、ことわざ、金言、名言を収録した格言集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
投資関連の手法やそれに伴い用語を広く集めて解説してあります。
五十音の索引からも引ける形式にしてあります。
広告


 サイトからのお知らせ。
・09/25日 最新のお知らせや重要なサイトの更新は現在特にありません。

・このサイトはグーグルクロム(Google Chrome PC版)に最適化しています。

広告



TOP