実践相場格言717句

 知って行わざるは知らざるに同じ

投資法、心の持ち方、相場情報、何事によらず知り得た情報は活用できなければもったいないことかもしれません。
情報を集める時点でその活用を目的としているのでしょうから、如何なる情報であろうとも有効に活用することについてのノウハウも磨くべきだということでしょう。
テクニカル分析の愛好家の中には数多くの手法の蒐集を趣味にしているような人もいます。
そう言う人はいつの間にかトレードより蒐集に重きを置いているようで、トレーダーと言うよりロジックマニアと言った様相になっています。
そこから察すると株式の情報の四季報マニアみたいな人も居るのではないかと思ってしまいます。
目的の明確化を一度やってみた上でマニアになると言うのなら、それはそれでご本人には意味のあることでしょうから、活用に自信の持てない人はそう言う事も含めて一度情報収集の目的を明確化してみることも大事だと思います。

 五十音順 前後の格言

 自信ある自己流は確信なき正統派に勝る

そもそもトレーダーに正統派と言うものが存在するのか、何を持って正統派とするのかと言う話ですが、もしいるとすれば灘株太郎…(続きを読む)

 自然に逆らうな、吾れただ足るを知る

糸将軍と言われた繊維先物の相場師、川村佐助の言葉だそうです。 投資は身の程をわきまえて適度を心がけようと言うような意味…(続きを読む)

 下値の三本同事は買い

同事線とは寄付きと引けの値段が同じになった線です。 普通は十字線、一本線、トウバ、トンカチ、トンボ、足長同時線の六種類…(続きを読む)

 事態が回復に向かう見通しがついた時が買いチャンス

とても勇気のいることなのですが、この格言の述者は回復してから、あるいは回復に向かってからでは手遅れだと言っています。 …(続きを読む)

 知ったらしまい

耳寄りな内緒の情報だと知らされたとしても、他人から伝わってくるような情報は自分が知った頃には既に市場では決着が付いてい…(続きを読む)

 失敗の損失を悔やむなその反省から大きな幸が生まれる

悔いるだけでは新しいものは生まれてはこないと言う意味だと思います。 「あの時」「あそこで」的な悔いからは何も生まれない…(続きを読む)

 仕手につくのは最初だけ

仕手とは巨額の資金を株価操作しやすいような特定の銘柄に投入し、株価を操って利益を上げようとする「違法行為」です。 経験…(続きを読む)

 自分のやったトレードから学ぼうとする人間は進歩する

こうしたことはいろんな分野で同様のことが良く言われています。 進歩するためには学ぶのは必然と言う事でしょうが、何をどう…(続きを読む)

 自分よりも相場を知らない人の助言に従ってはならない

行き詰ったり、スランプに陥ったり、あるいは重大な迷いにとりつかれたりすると藁にもすがると言うような思いがことあるごとに…(続きを読む)

 しまったはしまえ

トレードにしくじったと気づいたらジタバタせずにひとまず迅速にポジションを閉じることが肝心だということでしょう。 白紙の…(続きを読む)

相場と投資関連の経済用語、金融用語の解説集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
相場の格言、ことわざ、金言、名言を収録した格言集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
投資関連の手法やそれに伴い用語を広く集めて解説してあります。
五十音の索引からも引ける形式にしてあります。
広告


 サイトからのお知らせ。
・09/27日 最新のお知らせや重要なサイトの更新は現在特にありません。

・このサイトはグーグルクロム(Google Chrome PC版)に最適化しています。

広告



TOP