実践相場格言717句

 鹿を追う者は山を見ず

獲物だけを見ていると、捕獲のタイミングを掴んで喜んだ途端に自分の足元に潜むアクシデントのせいで取り逃がす、そればかりか転んで大けがを負うと言う事もあるかもしれません。
また、獲物の周囲を見わたせていればもっと効率よく狩りができたかもしれません。
相場においても現在の価格動向の要因などが理解できればさらに有利なトレードが行える可能性があります。
ただしこの「要因」と言うものは非常に重要なことながら、一般投資家の手にできるものは限られたものです。
余談ながら大手の機関投資家、大口投資家でない限り、知られたアナリストや広告で頻繁に見かける投資家と言えども個人レベルの投資家であれば事情は同じです。
そこで「要因」の情報が限られるとなると、「狩場」の全体像を見るためには少なくとも市場のセンチメントやそこでうごめく心理戦を感じ取っておく必要があります。
こちらは個人投資家であっても価格と出来高の動きから経験によってある程度正確に読み取れるもので「要因」に比べれば有益な情報が努力で手に入れられものです。
また努力の手助けとして、ネットや書籍で探せばこのような手法の一定程度の部分はマニュアル化されて公開されてもいます。
更に、市場の心理が読めるようになってくると、一般投資家には情報の少ない「要因」の理解もそれなりに正確になってくるものです。

 五十音順 前後の格言

 三割高下は向こう理と知れ

ピークボトムを基準に三割程度の値動きがあることを「三割高下」と呼ぶのでしょう。 「向こう理」とは「逆張りチャンス」と言…(続きを読む)

 三割の利食いが六回続けば、元本は四倍に増えている

無理して一度に大きく稼ごうなどと考えずに、無理せず取れる利益を堅実に重ねる方が有利と言う意味ではないかと思います。 大…(続きを読む)

 仕掛け、手仕舞いに指値は禁物

仕掛けも仕舞いも指値を使ってはダメなら「じゃあ指値はどこで使えばいいんでしょうか?」と言いたくなるような格言ですが、想…(続きを読む)

 仕掛けは恐る恐るしかも大胆に

仕掛けは少しでも有利なポジションを取っておかないと、そのあとの決着がつくまでの心理の持ち方や仕舞いの時の葛藤も含めた処…(続きを読む)

 仕掛けは処女のごとく、手仕舞いは脱兎の如し

投資経験が浅いと目の前の相場で「ああ、今儲けられたのに…」と言った場面を何度も感じたりします。 実際にはそれは「妄想」な…(続きを読む)

 事業で借金をするのは当たり前だが、株をやるための借金は、簡単にできるだけにとても危険だ。

「簡単に借金が出来る」と言っているわけですから、これは先物や信用取引のレバレッジなどの金融会社が提供するシステムによる…(続きを読む)

 市場にいる必要はない

以前知り合いの助言業者がもともと朝の八時から九時までに一回から二回行っていたトレードスタイルを会員に儲けさせなければと…(続きを読む)

 市場のムードが決定的な重要性を持つこともありうる。そうなると個々の株式の好材料、悪材料などは全体のムードが消してしまう。

センチメントと言うものは恐ろしい一面があります。 一旦加速度がついてしまうと巨大な雪玉のようにどんどん膨らんで行き、理…(続きを読む)

 市場は明日もある

初心者は特にそうだと思いますが、チャンスを逃した気がするとその喪失感が大きな心の存在となって尾を引いたり、次はモノにし…(続きを読む)

 市場はにわかにその大趨勢を変ずることなし

どんなときにも市場の原理は淡々と働いていると言うことでしょう。 急変したように見えても趨勢(相場メカニズムの大きな流れ…(続きを読む)

相場と投資関連の経済用語、金融用語の解説集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
相場の格言、ことわざ、金言、名言を収録した格言集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
投資関連の手法やそれに伴い用語を広く集めて解説してあります。
五十音の索引からも引ける形式にしてあります。
広告


 サイトからのお知らせ。
・09/24日 最新のお知らせや重要なサイトの更新は現在特にありません。

・このサイトはグーグルクロム(Google Chrome PC版)に最適化しています。

広告



TOP