実践相場格言717句

 千人が千人ながら弱き日には買え、万人強き日には売るべし

天井や底の部分を言っているのだと思いますが、みんなが同じ方向を向いていつようなら、その方向にセンチメントは過熱していると見ることが出来ます。
ムードに流されることなくその過熱感を感じ取ることが出来れば、その過熱感の崩壊も予期できると言う事でしょう。
多くの人が流される過度なブームには思わぬところで終わりが来るものです。

 五十音順 前後の格言

 セールスマンはあたなの投資で損することはない

これは証券会社のセールスマンのことを言っているのではないかと思います。 証券会社は顧客が損をしようが得をしようが、手数…(続きを読む)

 せかず急がず待つが仁

利害や欲得から急く心、はやる心をを抑えて、落ち着いてトレードをするのが大切な資金に対する思いやりと言った意味ではないか…(続きを読む)

 節分天井・彼岸底

新年の株高傾向はその後も続いて、2月頭の節分頃の時期にピークを迎えそのトレンドは2月半ばまでは持つとされています。 節分…(続きを読む)

 戦争で株価が下がったら敢然と買いに向かえ

アメリカ人がアメリカは必ず戦争に勝つという前提で言っている格言のようです。 そう聞くと騎兵隊がラッパを鳴らして景気よく…(続きを読む)

 千里の道も一足あて運ぶなり

長い道のりに見えても、焦って大事なものを取り損なってゆくような進み方をせず、一つ一つ自分の血肉にしながら着実に進めと言…(続きを読む)

 千人の指すところは違わず

90%以上が負け組、退場予備軍と言われる相場の世界でも、一旦トレンドが動き出すと千人が千人同じ見立てを持つものです。 千人…(続きを読む)

 センミツ(せんみつ 千三つ)

センミツとは「千に三つ」と言う意味の慣用句で、「稀な確率で起きる事象」のことです。 相場ではごくまれな幸運やビギナーズ…(続きを読む)

 千里に適く者は三月糧を聚む

長旅に出る者はそれ相応の資金や備品などの準備が必要ですが、そうした準備がまったくないのに今から旅に出かけるなどとと言え…(続きを読む)

 総強気、阿呆になって一人売れ

相場が異様な強気ムードに包まれたらもはやそれは過熱感で盛り上がっているだけで、強気の根拠は薄くなっている可能性が高いと…(続きを読む)

 相場高下の議論はすべからず

相場の先行きを他人と語り合ったところでほとんど無意味だと言う事でしょう。 ちゃんとトレードできている人なら他人の見通し…(続きを読む)

相場と投資関連の経済用語、金融用語の解説集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
相場の格言、ことわざ、金言、名言を収録した格言集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
投資関連の手法やそれに伴い用語を広く集めて解説してあります。
五十音の索引からも引ける形式にしてあります。
広告


 サイトからのお知らせ。
・12/01日 最新のお知らせや重要なサイトの更新は現在特にありません。

・このサイトはグーグルクロム(Google Chrome PC版)に最適化しています。

広告



TOP