実践相場格言717句

 先んずれば人を制す

大口の機関投資家などがほぼ常勝している理由はその手にすることのできる情報の質と量、さらに手法やそれに必要な人材設備が圧倒的だからだと言われています。
つまり個人投資家、一般投資家は常に大口の投資家に「先んじ」られているわけです。
格言の通り、確かに先んずることができれば人を制することができるのは明らかなことですが、個人投資家が他人に先んずることはなかなか難しいことです。
ましてや機関投資家などを出し抜くことなどまず不可能に思えます。
では個人投資家に出来ることはと言うと、上手くやっている人たちを見ればたいて市場を観察することで大口投資家の「先んじた行動」を見抜いて便乗しようとしているようです。
市場を出し抜くということは大口も含めて出し抜くと言うことだと悟ればそれが如何に困難なことかが想像できると思います。
そうなると市場を出し抜いている大口の手法に便乗と言うのも一つの「先んずる作戦」であると言う事になることが理解できるかもしれません。
優秀な板トレーダーやテープリーダーはだいたい大手の手口を経験上頭に入れていて、便乗できるものには便乗しているようです。

 五十音順 前後の格言

 材料はあとからついてくる

投資の判断材料となる情報を得ることにこだわりすぎていては、トレードが後手に回る、あるいはチャンスを逃してしまうと言う事…(続きを読む)

 材料は後から出る

アナリストなどが市場を解説する際にいくつかの材料を並べることがありますが、それをそのまま信用してしまうともしその材料が…(続きを読む)

 下がりっ鼻を売り、上がりっ鼻を買う

他人より相場の一歩先を読んで利益を上げるような投資手法は非常に魅力的であり、誰しもそうした願望・欲望にとらわれがちです…(続きを読む)

 下がるも理、時至らねば下がるまじ、買い急ぎするは大たわけなり

投資を行っていると「今この相場に乗らないとチャンスを逃す」と言った脅迫観に襲われがちなものです。 そう言う人ほど、乗り…(続きを読む)

 下がる理と皆人ごとに極めたる、大小ザヤに買いの種まけ

多くの人が悲観して売りだとみなしているような相場では売り圧力が強まって、買いの適正価格を更に割り込んだところで売り行動…(続きを読む)

 下げ相場は警戒・悲観・失望・絶望の心理過程を経て底を打つ

下げ相場の市場心理を一句読んでみたような格言です。 下げには下げでこのようなルーティーンのプロセスがあるので、反転の見…(続きを読む)

 下げの戻りは売るが街道

これは一定の勢いを伴う下落相場での戻りは大抵の場合下落トレンドに逆らえるほどのエネルギーはないものだから、そこは売りし…(続きを読む)

 指値は変えるな

途中で指値を変えるくらいならその時の「迷い」の方を重視して、トレードを一旦リセットすべきだと言う事ではないかと思います…(続きを読む)

 指値を取り消すな

「取り消すな」と言う事ですからここで言うのは指値の約定前に不安になってくると言う状況です。 指値の約定前に頻繁に迷うよ…(続きを読む)

 指値は取り消すべからず

相場はある意味、生き物であると言えます。 迷いから指値を取り消したところ、結局はそのまま約定させておいた方が有利だった…(続きを読む)

相場と投資関連の経済用語、金融用語の解説集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
相場の格言、ことわざ、金言、名言を収録した格言集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
投資関連の手法やそれに伴い用語を広く集めて解説してあります。
五十音の索引からも引ける形式にしてあります。
広告


 サイトからのお知らせ。
・12/02日 最新のお知らせや重要なサイトの更新は現在特にありません。

・このサイトはグーグルクロム(Google Chrome PC版)に最適化しています。

広告



TOP