実践相場格言717句

 最初の損は最良の損

投資において最初に大儲けをするのは決して良い事ではないと言うことを言っているのでしょう。
就職試験ではその人がその職業でやっていけるかどうかの適正を見極められるわけですが、試験もなければ試験官もいない投資と言うビジネスで、それぞれの適正の有無をふるいにかけるのが「トレードの結果」です。
投資が自分だけを頼る孤独な作業である限り(適性もないのに)運よくふるいの目をすり抜けると言うのは、後々の事を考えると決してラッキーとは言えないでしょう。
そう言う人は「運悪く」ふるいをパスしたところで、実力が求められるいくつもの場面が後から後から訪れてきてもその時には誰も頼りにできないのです。
その結果は言わずもがなではないかと思います。
相場のふるいは就職試験と違って(同じ環境に)無限にトライできます。
最初に相当苦い思いをしても、それでもやりたいかどうか。
最初の失敗をなんとか克服する知恵や工夫の能力が自分に果たしてあるのかどうか。
最初の損とはそう言う「適性テスト」の設問と捉えることも出来ます。
投資の世界ではそうしたプロセスの中で自分自身が試験官となって自分の適正を見極める必要があると思います。
但し、損失を出すたびにこの格言を言い訳のように繰り出すのはあまり建設的とは言えないと言う事だけは心にとめておく方が良いかもしれません。

 五十音順 前後の格言

 財界の見通しより相場の足取り

影響力のありそうな経済人が何かを語ると注目したくなるのは当然のことなのですが、特に今後の経済の見通し等について述べたも…(続きを読む)

 最後に笑う者が、最もよく笑う

これは外国のことわざです。 古いことわざのようなので解釈はそれなりにいろいろあるかもしれませんが、ゲームの途中で喜ぶ「…(続きを読む)

 最後の五分間より最初の五分間

225先物の投資では10円有利なポジションがとれたことで、その後の展開が大きく違うことがあります。 その10円が損切の分岐点で…(続きを読む)

 採算を買い、人気を売る

商品相場で山崎種二(以前あった山種証券の創始者?)が自分の投資手法を語った言葉だそうです。 人気のないものの中から採算…(続きを読む)

 最初の追い証の時に売れ

「最初の追証」を求められた「その時」にその後何度も追証を継ぎ足してゆき、やがて絶望する自分を想像してみてください。 こ…(続きを読む)

 材料が材料でなくなる時を知れ

材料とは経済や相場、企業を動かすネタ(要素)のことでしょうが、この「材料」と言うものには旬と言うか賞味期間のようなもの…(続きを読む)

 材料に投資せず、需給に投資せよ

経済や企業活動を説明する元ネタ的な話は日々無数に飛び交っていますが、そうしたいわゆる「材料」を扱った雑誌などを読んでい…(続きを読む)

 材料のない相場は大相場

大した材料もないのにトレンドが継続している場合は大相場、つまり大きなトレンドになる可能性が高いと言うことでしょう。 材…(続きを読む)

 最良の預言者は過去なり

「預言」と言うのは一神教で特別な人が神から託された人間一般に対するメッセージで、その特別な人を「預言者」と言うそうです…(続きを読む)

 材料はあとからついてくる

投資の判断材料となる情報を得ることにこだわりすぎていては、トレードが後手に回る、あるいはチャンスを逃してしまうと言う事…(続きを読む)

相場と投資関連の経済用語、金融用語の解説集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
相場の格言、ことわざ、金言、名言を収録した格言集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
投資関連の手法やそれに伴い用語を広く集めて解説してあります。
五十音の索引からも引ける形式にしてあります。
広告


 サイトからのお知らせ。
・10/25日 最新のお知らせや重要なサイトの更新は現在特にありません。

・このサイトはグーグルクロム(Google Chrome PC版)に最適化しています。

広告



TOP