実践相場格言717句

 両建ては損から外せ

相場では平常心、冷静沈着な心がものを言いますが、取り組む心の状態が良好であればあるほど取引はゆとりを持って優位に運ぶものです。
両建ての意味は実は私には理解できない世界なのですが、もしポジションを持った場合、その後の相場はどうなるかわからないので、原理から言えばどちらから外してみたところで残した方のポジションが新規建てしたのと同じことになるので、相場が上昇すると見たら売りを外すべきですし、下落すると見たら買いから外すべきです。
どちらを先にはずすのが有利と言えないのですが、両方のポジションを近接してしまう場合精神衛生上は利益の出ている方を後から外すべきだと言うことかと解釈しています。
但し流動性の低い市場などではどちらからと言う事に拘ることがリスクを増すようにも思えます。
江戸時代の米相場では当時の売買執行や情報伝達の事情・条件から、こういう方法が意味があったのかなあと想像するしかありません。

 五十音順 前後の格言

 利は元にあり、利は売りにあり

これはもとは一般の商売を行っていた商家で言われていた格言です。 利益はもちろん商品を販売するときに乗せるものですが、実…(続きを読む)

 利不運の時、思い入れ違いの筋は、四、五十日休むべし

ツキが落ちてきたのにムキになってその落ち目の状況を挽回しようとするような行動を取り始めると、大抵すでに歯車が狂ってきて…(続きを読む)

 流言飛語が市場の本性

一般投資家はアナリストや評論家の解説を参考にしようとするものですが、そうした情報の発信者も人間である限り、あくまでも主…(続きを読む)

 漁師は潮を見る

魚を取るためには魚を目で追う必要がありますが、プロの漁師はまず海の状態をみます。 魚の心理を読むと言えば変ですが、海の…(続きを読む)

 両建てはすべからず

ここで言う両建ては同じ商品を対象に売りと買いのポジションを同時に建てるこだと思います。 個人的にはこの方法を取ろうとす…(続きを読む)

 理論家は理路整然と曲がるなり

なかなか誤りに気付きにくいタイプの人を指した皮肉に満ちた格言です。 全てに理屈を付けないと落ち着かない人は、その理屈へ…(続きを読む)

 類寄りて集まる意見は時遅し、その裏道を深く考え

多くの人が同じ事を言い出す、あるいは同内容の情報を頻繁に聞くようになると、たいがいその情報の旬は過ぎていてもはや使い物…(続きを読む)

 連日の続く相場に逆らうな。ついて行くのが儲かるの道

相場に強いトレンドが見て取れたら、あれこれ逆張りのタイミングを計ろうとするよりも、とりあえずそのトレンドに乗る方が有利…(続きを読む)

 冷水3斗で底が入る

相場の暴落は多くの人にとって大変不安なものです。 その為に、どうみても更なる下落の前段階であるにもかかわらず、そろそろ…(続きを読む)

 ローマは一日にしてならず

何事においてもそれなりの成果と言うものを見るためにはそれに見合った時間と手間を要すると得心すべきだということでしょう。…(続きを読む)

相場と投資関連の経済用語、金融用語の解説集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
相場の格言、ことわざ、金言、名言を収録した格言集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
投資関連の手法やそれに伴い用語を広く集めて解説してあります。
五十音の索引からも引ける形式にしてあります。
広告


 サイトからのお知らせ。
・09/24日 最新のお知らせや重要なサイトの更新は現在特にありません。

・このサイトはグーグルクロム(Google Chrome PC版)に最適化しています。

広告



TOP