実践相場格言717句

 流言飛語が市場の本性

一般投資家はアナリストや評論家の解説を参考にしようとするものですが、そうした情報の発信者も人間である限り、あくまでも主観的な見立てを元にした発言が中心です。
更に人気を得るためにウケの良いことを語ろうとすれば、例外なく漠然としていろんなケースに当てはまってしまうような内容になります。
その為にやたらに情報通らしく振舞って、怪しげな情報を繰り出す人もいます。
世の中には思いこみや誤解に基づいた根拠のない情報が飛び交っていますが、そうした情報にアナリストや評論家が飛びつくことは結構あるのです。
根拠のない情報でも、いろんなソースから耳にしたり、良く目にするアナリストの口を経て耳にすると容易に信じてしまうものです。
評論家の中には、自身の人気を得るために怪しげな情報を更にもっともらしく加工して流している人すらいます。
根拠のない情報と言うものは、このようにして実は日々大量に流れているものです。
そう言う情報のうち正しいものを取捨選択すると言うのもなかなか難しいのですが、人々が踊らされているような雰囲気や、やや極端な臭いの情報に接した時にはワンテンポずらして咀嚼し、その上で判断してみると言う心がけが良いかもしれません。

 五十音順 前後の格言

 利乗せは最後にやられる

利乗せとは利益が出始めた相場に対して余剰の資金を継ぎ足すように投資してゆくことです。 上昇相場なら手じまうことなく段階…(続きを読む)

 利は七、八分

あまり欲をかきすぎるとチャンスを逃してしまうことがあります。 また利益目標にこだわりすぎるとタイミングを失すると言うこ…(続きを読む)

 利は元にあり

少しでも有利に利食えるポジションを持つためには仕掛けるタイミングが大事だと言う事です。 急いでチャンスを掴まなければな…(続きを読む)

 利は元にあり、利は売りにあり

これはもとは一般の商売を行っていた商家で言われていた格言です。 利益はもちろん商品を販売するときに乗せるものですが、実…(続きを読む)

 利不運の時、思い入れ違いの筋は、四、五十日休むべし

ツキが落ちてきたのにムキになってその落ち目の状況を挽回しようとするような行動を取り始めると、大抵すでに歯車が狂ってきて…(続きを読む)

 漁師は潮を見る

魚を取るためには魚を目で追う必要がありますが、プロの漁師はまず海の状態をみます。 魚の心理を読むと言えば変ですが、海の…(続きを読む)

 両建てはすべからず

ここで言う両建ては同じ商品を対象に売りと買いのポジションを同時に建てるこだと思います。 個人的にはこの方法を取ろうとす…(続きを読む)

 両建ては損から外せ

相場では平常心、冷静沈着な心がものを言いますが、取り組む心の状態が良好であればあるほど取引はゆとりを持って優位に運ぶも…(続きを読む)

 理論家は理路整然と曲がるなり

なかなか誤りに気付きにくいタイプの人を指した皮肉に満ちた格言です。 全てに理屈を付けないと落ち着かない人は、その理屈へ…(続きを読む)

 類寄りて集まる意見は時遅し、その裏道を深く考え

多くの人が同じ事を言い出す、あるいは同内容の情報を頻繁に聞くようになると、たいがいその情報の旬は過ぎていてもはや使い物…(続きを読む)

相場と投資関連の経済用語、金融用語の解説集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
相場の格言、ことわざ、金言、名言を収録した格言集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
投資関連の手法やそれに伴い用語を広く集めて解説してあります。
五十音の索引からも引ける形式にしてあります。
広告


 サイトからのお知らせ。
・09/24日 最新のお知らせや重要なサイトの更新は現在特にありません。

・このサイトはグーグルクロム(Google Chrome PC版)に最適化しています。

広告



TOP