実践相場格言717句

 利は元にあり、利は売りにあり

これはもとは一般の商売を行っていた商家で言われていた格言です。
利益はもちろん商品を販売するときに乗せるものですが、実はユリ有利な仕入れルートを掴むことで更に大きな利益を生むことが出来ます。
顧客が安くて良いと感じられる販売価格を担保出来る仕入れなら、客が客を呼んで利益はさらに大きくなります。
相場においても同様で、返済で利を稼ぐようで実は、その後の利食いや損切に有利な仕掛けの術やそうしたことに有利と思われる相場や銘柄を見つけ出すことが出来れば、利益は更に安定感を持って膨らむ可能性があります。 一たび仕掛けの段階で不利なポジションを掴んでしまうと、その後は仕舞いまで迷ったり、戸惑ったりと大きなストレスを抱える可能性があります。
商家の商い同様に投資において仕掛けに有利な相場、有利な銘柄、有利な戦略とはかなり大事なものです。

 五十音順 前後の格言

 理屈に負けて相場に勝て

幾ら優秀な理屈であろうとも、その理屈で述べられるところが現在の相場とは矛盾していると言う事はよくあることです。 そう言…(続きを読む)

 理と非の中にこもれる理外の理、米の高下の源と知れ

「理と非」とは相場のメカニズムとそのメカニズムに合わないイレギュラーな相場の動きのことです。 理屈出計れる動きのメカニ…(続きを読む)

 利乗せは最後にやられる

利乗せとは利益が出始めた相場に対して余剰の資金を継ぎ足すように投資してゆくことです。 上昇相場なら手じまうことなく段階…(続きを読む)

 利は七、八分

あまり欲をかきすぎるとチャンスを逃してしまうことがあります。 また利益目標にこだわりすぎるとタイミングを失すると言うこ…(続きを読む)

 利は元にあり

少しでも有利に利食えるポジションを持つためには仕掛けるタイミングが大事だと言う事です。 急いでチャンスを掴まなければな…(続きを読む)

 利不運の時、思い入れ違いの筋は、四、五十日休むべし

ツキが落ちてきたのにムキになってその落ち目の状況を挽回しようとするような行動を取り始めると、大抵すでに歯車が狂ってきて…(続きを読む)

 流言飛語が市場の本性

一般投資家はアナリストや評論家の解説を参考にしようとするものですが、そうした情報の発信者も人間である限り、あくまでも主…(続きを読む)

 漁師は潮を見る

魚を取るためには魚を目で追う必要がありますが、プロの漁師はまず海の状態をみます。 魚の心理を読むと言えば変ですが、海の…(続きを読む)

 両建てはすべからず

ここで言う両建ては同じ商品を対象に売りと買いのポジションを同時に建てるこだと思います。 個人的にはこの方法を取ろうとす…(続きを読む)

 両建ては損から外せ

相場では平常心、冷静沈着な心がものを言いますが、取り組む心の状態が良好であればあるほど取引はゆとりを持って優位に運ぶも…(続きを読む)

相場と投資関連の経済用語、金融用語の解説集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
相場の格言、ことわざ、金言、名言を収録した格言集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
投資関連の手法やそれに伴い用語を広く集めて解説してあります。
五十音の索引からも引ける形式にしてあります。
広告


 サイトからのお知らせ。
・09/18日 最新のお知らせや重要なサイトの更新は現在特にありません。

・このサイトはグーグルクロム(Google Chrome PC版)に最適化しています。

広告



TOP