実践相場格言717句

 利は七、八分

あまり欲をかきすぎるとチャンスを逃してしまうことがあります。
また利益目標にこだわりすぎるとタイミングを失すると言うこともあります。
利益や損切の水準は一応は守るべきものとして心にとめておくべきですが、相場の表情は多様です。
利食い損切の設定は時々の相場で臨機応変に判断すべき時もあります。
また、ギリギリまで利益を伸ばすことが自分の実力を超えている行為だとしたらそれは感心できません。
自分の実力でゆとりを持って利食える水準がどの程度かを理解し、欲や戦略へのこだわりに「一定」の柔軟性を持つ心のゆとりも大事です。

 五十音順 前後の格言

 理屈上手の商い下手

松下幸之助はお客さんの嗜好・希望・声を大事にして成功したとも言われています。 利益を得るためには目の前で起こっているこ…(続きを読む)

 理屈は後から貨車でくる

初心者はいろいろと相場の動きに理屈をつけて考えようとします。 それは相場での取引にに対する不安感がなせるものである場合…(続きを読む)

 理屈に負けて相場に勝て

幾ら優秀な理屈であろうとも、その理屈で述べられるところが現在の相場とは矛盾していると言う事はよくあることです。 そう言…(続きを読む)

 理と非の中にこもれる理外の理、米の高下の源と知れ

「理と非」とは相場のメカニズムとそのメカニズムに合わないイレギュラーな相場の動きのことです。 理屈出計れる動きのメカニ…(続きを読む)

 利乗せは最後にやられる

利乗せとは利益が出始めた相場に対して余剰の資金を継ぎ足すように投資してゆくことです。 上昇相場なら手じまうことなく段階…(続きを読む)

 利は元にあり

少しでも有利に利食えるポジションを持つためには仕掛けるタイミングが大事だと言う事です。 急いでチャンスを掴まなければな…(続きを読む)

 利は元にあり、利は売りにあり

これはもとは一般の商売を行っていた商家で言われていた格言です。 利益はもちろん商品を販売するときに乗せるものですが、実…(続きを読む)

 利不運の時、思い入れ違いの筋は、四、五十日休むべし

ツキが落ちてきたのにムキになってその落ち目の状況を挽回しようとするような行動を取り始めると、大抵すでに歯車が狂ってきて…(続きを読む)

 流言飛語が市場の本性

一般投資家はアナリストや評論家の解説を参考にしようとするものですが、そうした情報の発信者も人間である限り、あくまでも主…(続きを読む)

 漁師は潮を見る

魚を取るためには魚を目で追う必要がありますが、プロの漁師はまず海の状態をみます。 魚の心理を読むと言えば変ですが、海の…(続きを読む)

相場と投資関連の経済用語、金融用語の解説集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
相場の格言、ことわざ、金言、名言を収録した格言集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
投資関連の手法やそれに伴い用語を広く集めて解説してあります。
五十音の索引からも引ける形式にしてあります。
広告


 サイトからのお知らせ。
・09/22日 最新のお知らせや重要なサイトの更新は現在特にありません。

・このサイトはグーグルクロム(Google Chrome PC版)に最適化しています。

広告



TOP