実践相場格言717句

 理屈上手の商い下手

松下幸之助はお客さんの嗜好・希望・声を大事にして成功したとも言われています。
利益を得るためには目の前で起こっていることの問題点や必要とされることがらに柔軟に対応することが大事です。
客観的に目の前の現象が見えなくなってくると、頭の中で理屈が現実離れした方針を立てはじめるものです。
ここで言う理屈はそうした主観的な思いこみです。
客観性のない思いこみのような理屈ほど本人からしたら良くできた理屈に思えて得心したりしています。
そうした理屈への盲信から相場の方が間違っていると思うようになったなら、かなりヤバくなっています。

 五十音順 前後の格言

 利食い千両、損きり万両

資金管理能力の事を言っています。 良き利食いは確かに価値のあるものだが、より良い損切りを身に付けることは更に価値のある…(続きを読む)

 利食いに迷わば半分仕舞え

利食いにせよ損切にせよ、それを執行すべき局面で沸き起こる迷いは大敵です。 いつまでも迷っていてはチャンスを逃したり、リ…(続きを読む)

 利食いは器量

そのまま解釈すれば利食いにも才能・才覚がいると言うことになります。 これはしごく当然のことです。 利食いは目先の欲得づく…(続きを読む)

 利食い八分

目の前に利益の見通しがぶら下がって見えると、ついついもう少しくらい取れそうだとか、今までの損をもう少し取り返すべきだ……(続きを読む)

 理屈に当たり、相場にはずれる

自分で手間暇かけて作ったり、苦労して入手したりした売買ロジックや投資戦略にいつしか心酔している人が居ます。 そう言う人…(続きを読む)

 理屈は後から貨車でくる

初心者はいろいろと相場の動きに理屈をつけて考えようとします。 それは相場での取引にに対する不安感がなせるものである場合…(続きを読む)

 理屈に負けて相場に勝て

幾ら優秀な理屈であろうとも、その理屈で述べられるところが現在の相場とは矛盾していると言う事はよくあることです。 そう言…(続きを読む)

 理と非の中にこもれる理外の理、米の高下の源と知れ

「理と非」とは相場のメカニズムとそのメカニズムに合わないイレギュラーな相場の動きのことです。 理屈出計れる動きのメカニ…(続きを読む)

 利乗せは最後にやられる

利乗せとは利益が出始めた相場に対して余剰の資金を継ぎ足すように投資してゆくことです。 上昇相場なら手じまうことなく段階…(続きを読む)

 利は七、八分

あまり欲をかきすぎるとチャンスを逃してしまうことがあります。 また利益目標にこだわりすぎるとタイミングを失すると言うこ…(続きを読む)

相場と投資関連の経済用語、金融用語の解説集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
相場の格言、ことわざ、金言、名言を収録した格言集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
投資関連の手法やそれに伴い用語を広く集めて解説してあります。
五十音の索引からも引ける形式にしてあります。
広告


 サイトからのお知らせ。
・09/27日 最新のお知らせや重要なサイトの更新は現在特にありません。

・このサイトはグーグルクロム(Google Chrome PC版)に最適化しています。

広告



TOP