実践相場格言717句

 利食いに迷わば半分仕舞え

利食いにせよ損切にせよ、それを執行すべき局面で沸き起こる迷いは大敵です。
いつまでも迷っていてはチャンスを逃したり、リスクを更に大きくしたりします。
いよいよ迷いに煮詰まった時にとるべき方針をいくつか定めておくのも手です。
返済に迷った時に利益と言う基準で組み立てたルールに従って手持ちのポジションを分割して考えると言うのも方法です。
迷いはいかなるときにも、また繰り返し起こってくるものです。
自分自身の心の迷いを想定した戦略をあらかじめ持っておくと言う事はかなり大事なことです。

 五十音順 前後の格言

 利食い金には休養を

損失が膨らんで来ると、心に余裕のない取引をするようになります。 思わぬ利益を得た時にも心の目が曇った取引をしがちなもの…(続きを読む)

 利食い極楽、損地獄は背中合わせ

少しの判断のズレや、思わぬニュースの発生で相場の損益や方向性は真逆になりかねないものです。 利益を得て調子に乗っている…(続きを読む)

 利食い腰は強く、引かれ腰は弱く

利食いで焦ってしまい、決めたルールまで待てずに仕舞うようなことを繰り返していると勝率では勝っているのにパフォーマンスベ…(続きを読む)

 利食い千人力

充分な利食いのタイミングでは高揚感も手伝ってついついもう少しいけると言った気持ちになりがちです。 しかし、利食いのタイ…(続きを読む)

 利食い千両、損きり万両

資金管理能力の事を言っています。 良き利食いは確かに価値のあるものだが、より良い損切りを身に付けることは更に価値のある…(続きを読む)

 利食いは器量

そのまま解釈すれば利食いにも才能・才覚がいると言うことになります。 これはしごく当然のことです。 利食いは目先の欲得づく…(続きを読む)

 利食い八分

目の前に利益の見通しがぶら下がって見えると、ついついもう少しくらい取れそうだとか、今までの損をもう少し取り返すべきだ……(続きを読む)

 理屈に当たり、相場にはずれる

自分で手間暇かけて作ったり、苦労して入手したりした売買ロジックや投資戦略にいつしか心酔している人が居ます。 そう言う人…(続きを読む)

 理屈上手の商い下手

松下幸之助はお客さんの嗜好・希望・声を大事にして成功したとも言われています。 利益を得るためには目の前で起こっているこ…(続きを読む)

 理屈は後から貨車でくる

初心者はいろいろと相場の動きに理屈をつけて考えようとします。 それは相場での取引にに対する不安感がなせるものである場合…(続きを読む)

相場と投資関連の経済用語、金融用語の解説集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
相場の格言、ことわざ、金言、名言を収録した格言集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
投資関連の手法やそれに伴い用語を広く集めて解説してあります。
五十音の索引からも引ける形式にしてあります。
広告


 サイトからのお知らせ。
・09/22日 最新のお知らせや重要なサイトの更新は現在特にありません。

・このサイトはグーグルクロム(Google Chrome PC版)に最適化しています。

広告



TOP