実践相場格言717句

 利食い金には休養を

損失が膨らんで来ると、心に余裕のない取引をするようになります。
思わぬ利益を得た時にも心の目が曇った取引をしがちなものです。
計画性に乏しく資金管理もできないようなトレードではなおさら利益は泡銭のように無駄に消費されがちです。 利益で得た金額を高揚した心で自由な資金が手に入ったように考えて、一発勝負に出ると言った現象です。
このような考えのトレードを繰り返せば、そのうちに投資でなすべき商行為の基本を見失い、やがて場合によってはいつしか市場から撤退する羽目になります。
もしも利益によって心が昂ぶってさらに大きな勝負がしたいと言う気持ちになったら、どう言う経緯でその利益が得られたのか、次回も同じ手は通用するのか、説明の出来るトレードだったのかと言った点を洗いなおしてみる必要があります。
次も儲かるはずだなどと安易に考えてやららに手を出さずに、利益に高揚した心があればなおさら自分自身のその高揚した心を疑って一息ついてみることが大事です。

 五十音順 前後の格言

 弱気相場になると、株価はいつも過小評価水準をはるかに下回り、強気相場では過大評価水準をはるかに上回る

相場ではよく「過熱感」と言う表現を使いますが、「過冷感」と言う言葉もあっていいように思えます。 上昇しても、下落しても…(続きを読む)

 濫觴軽んずるなかれ

濫觴(らんしょう)とは物事の始まりのことです。 目の前の価格の動きやトレンドは相場に関わると日々気になるのは当然のこと…(続きを読む)

 利があればどこからかくる金の蛇、われも人もと買いの行列

相場で求める利益とは売買の見通しを建てた時点、あるいはポジションを持った時点ではあくまでも期待値です。 この期待値を単…(続きを読む)

 理外の理

相場を論理的に語ることはまず不可能ですが、でもそこには規則性・法則性が明らかに存在していると感じられる…と言った印象を…(続きを読む)

 利食い急ぐな、損急げ

ある程度のボリュームで含み益がある時は、あまり悠長に構えない限り、そこで降りるか更に利を伸ばすかと言った戦略の見直しを…(続きを読む)

 利食い極楽、損地獄は背中合わせ

少しの判断のズレや、思わぬニュースの発生で相場の損益や方向性は真逆になりかねないものです。 利益を得て調子に乗っている…(続きを読む)

 利食い腰は強く、引かれ腰は弱く

利食いで焦ってしまい、決めたルールまで待てずに仕舞うようなことを繰り返していると勝率では勝っているのにパフォーマンスベ…(続きを読む)

 利食い千人力

充分な利食いのタイミングでは高揚感も手伝ってついついもう少しいけると言った気持ちになりがちです。 しかし、利食いのタイ…(続きを読む)

 利食い千両、損きり万両

資金管理能力の事を言っています。 良き利食いは確かに価値のあるものだが、より良い損切りを身に付けることは更に価値のある…(続きを読む)

 利食いに迷わば半分仕舞え

利食いにせよ損切にせよ、それを執行すべき局面で沸き起こる迷いは大敵です。 いつまでも迷っていてはチャンスを逃したり、リ…(続きを読む)

相場と投資関連の経済用語、金融用語の解説集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
相場の格言、ことわざ、金言、名言を収録した格言集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
投資関連の手法やそれに伴い用語を広く集めて解説してあります。
五十音の索引からも引ける形式にしてあります。
広告


 サイトからのお知らせ。
・10/28日 最新のお知らせや重要なサイトの更新は現在特にありません。

・このサイトはグーグルクロム(Google Chrome PC版)に最適化しています。

広告



TOP