実践相場格言717句

 連日の続く相場に逆らうな。ついて行くのが儲かるの道

相場に強いトレンドが見て取れたら、あれこれ逆張りのタイミングを計ろうとするよりも、とりあえずそのトレンドに乗る方が有利だと言う意味です。
バブル相場のような大相場では買いに走った参加者の多数が利益を生むことも有り得るのです。
ゼロサムの先物で通常よりもかなり多数の投資家が利益を生むと言うと違和感がありますが、流動性の高い先物市場には現物の暴落に備えたヘッジを目的に参加しているプロの投資家もおり、そうした人たちが先物市場で損失を引き受けつつも現物株との相殺で儲けていることもあり得るのでゼロサムのバランスはそれなりに取れているものです。
明確な方向性を持って価格が伸びている相場だと判断できたのなら、あれこれ考えてみる必要はない…、と言うかあれこれ考える必要もないような相場でなおかつ考えようとすることの愚かさを言っています。

 五十音順 前後の格言

 漁師は潮を見る

魚を取るためには魚を目で追う必要がありますが、プロの漁師はまず海の状態をみます。 魚の心理を読むと言えば変ですが、海の…(続きを読む)

 両建てはすべからず

ここで言う両建ては同じ商品を対象に売りと買いのポジションを同時に建てるこだと思います。 個人的にはこの方法を取ろうとす…(続きを読む)

 両建ては損から外せ

相場では平常心、冷静沈着な心がものを言いますが、取り組む心の状態が良好であればあるほど取引はゆとりを持って優位に運ぶも…(続きを読む)

 理論家は理路整然と曲がるなり

なかなか誤りに気付きにくいタイプの人を指した皮肉に満ちた格言です。 全てに理屈を付けないと落ち着かない人は、その理屈へ…(続きを読む)

 類寄りて集まる意見は時遅し、その裏道を深く考え

多くの人が同じ事を言い出す、あるいは同内容の情報を頻繁に聞くようになると、たいがいその情報の旬は過ぎていてもはや使い物…(続きを読む)

 冷水3斗で底が入る

相場の暴落は多くの人にとって大変不安なものです。 その為に、どうみても更なる下落の前段階であるにもかかわらず、そろそろ…(続きを読む)

 ローマは一日にしてならず

何事においてもそれなりの成果と言うものを見るためにはそれに見合った時間と手間を要すると得心すべきだということでしょう。…(続きを読む)

 六十日でひと思案

目の前の相場の細かな動きを見ているとついつい「これでいける」とか「やっぱり駄目だ」と言った目先の分析に一喜一憂しがちで…(続きを読む)

 論を立て、相場の逆を張る人は論に勝っても相場には負ける

あまりに見事な戦略はその見事さばかりがめだって、実際に役に立つかどうかが見落とされているのかもしれません。 ネットにあ…(続きを読む)

 我が思い入れをみだりに人に話すべからず、他の了見を聞くことなかれ

相場の世界では、自分の考えをむやみに他人に話すのは危険だと言われています。 一つには話した相手が投資を行っている人なら…(続きを読む)

相場と投資関連の経済用語、金融用語の解説集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
相場の格言、ことわざ、金言、名言を収録した格言集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
投資関連の手法やそれに伴い用語を広く集めて解説してあります。
五十音の索引からも引ける形式にしてあります。
広告


 サイトからのお知らせ。
・09/24日 最新のお知らせや重要なサイトの更新は現在特にありません。

・このサイトはグーグルクロム(Google Chrome PC版)に最適化しています。

広告



TOP