実践相場格言717句

 濫觴軽んずるなかれ

濫觴(らんしょう)とは物事の始まりのことです。
目の前の価格の動きやトレンドは相場に関わると日々気になるのは当然のことですが、値動きばかり気を取られていると見るべきものを見失ってしまう可能性があります。
相場でよく言われる「見るべきもの」とは「日柄」です。
相場の日柄とはトレンドの節目からの日数の事です。
トレンドには相場でも経済でも始まりがあります。
その始まりから何日が経過したかを意識することで、そのサイクル性が見えてきます。
波に乗るとか動きに身を任せると言った投資行動を行う時にはこのサイクルを感じ取ることが特に重要になります。
世の中の動きにも濫觴はあります。
何か新しい動きのきっかけになりそうな出来事やニュースを耳にしたときは、その日付とそこから先の動きの因果関係を意識してみることでよりサイクル性が明瞭に見えてくることもあります。

 五十音順 前後の格言

 世の中には、頭が悪いために投資でしくじる者も多いが、頭が良すぎて失敗する者も劣らず大変多い。

ここで言う「頭の良い人」とは一定の知力があるようにふるまっているにも拘らず、実は何事も頭で理解できると勘違いしているよ…(続きを読む)

 世の中は九分が十分

完璧にこだわって、当初立てた目標通りに事が運ぶようにしようとしてもなかなかそうはならないのが世の習いです。 また、そう…(続きを読む)

 寄り引け同値は分岐の前兆

寄り付きと引け値が同じになったら転換点が近いと言う意味です。 こうした形の値動きは売り買い共に方向性の決定をためらって…(続きを読む)

 弱気が相場を作る

「弱気」とは売りの圧力、あるいは売りの心理の事です。 「相場」とは上がったり下がったりするものです。 「弱気が相場を作る…(続きを読む)

 弱気相場になると、株価はいつも過小評価水準をはるかに下回り、強気相場では過大評価水準をはるかに上回る

相場ではよく「過熱感」と言う表現を使いますが、「過冷感」と言う言葉もあっていいように思えます。 上昇しても、下落しても…(続きを読む)

 利があればどこからかくる金の蛇、われも人もと買いの行列

相場で求める利益とは売買の見通しを建てた時点、あるいはポジションを持った時点ではあくまでも期待値です。 この期待値を単…(続きを読む)

 理外の理

相場を論理的に語ることはまず不可能ですが、でもそこには規則性・法則性が明らかに存在していると感じられる…と言った印象を…(続きを読む)

 利食い急ぐな、損急げ

ある程度のボリュームで含み益がある時は、あまり悠長に構えない限り、そこで降りるか更に利を伸ばすかと言った戦略の見直しを…(続きを読む)

 利食い金には休養を

損失が膨らんで来ると、心に余裕のない取引をするようになります。 思わぬ利益を得た時にも心の目が曇った取引をしがちなもの…(続きを読む)

 利食い極楽、損地獄は背中合わせ

少しの判断のズレや、思わぬニュースの発生で相場の損益や方向性は真逆になりかねないものです。 利益を得て調子に乗っている…(続きを読む)

相場と投資関連の経済用語、金融用語の解説集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
相場の格言、ことわざ、金言、名言を収録した格言集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
投資関連の手法やそれに伴い用語を広く集めて解説してあります。
五十音の索引からも引ける形式にしてあります。
広告


 サイトからのお知らせ。
・10/20日 最新のお知らせや重要なサイトの更新は現在特にありません。

・このサイトはグーグルクロム(Google Chrome PC版)に最適化しています。

広告



TOP