実践相場格言717句

 野も山も、皆いちめんに弱気なら、あほうになって、米を買うべし

昔の米相場ではムードが売り一色になってくるとたいていそれは買いの大チャンスだったと言うことのようです。
米は必需品なのでいずれ需要が出て価格が付くのが道理です。
みなは相場の値動きだけを見ているけど、客観的には安いときには買うのが鉄則です。
参加者大勢が相場の値動きだけに気をとられているような時には、冷静になって需給からそれを見渡せばチャンスが見えると言うことでしょう。
「あほうになって」とは知恵を絞ってあれこれ考えるより、米には需要があると言う視点で相場につられないと言う意味であると思います。

 五十音順 前後の格言

 念々の間怠るべからず

念々とは「一時(いっとき・ひととき)も・・・」と言う意味のようです。 また「念々」は「年々」とも表記され、こちらはいつ…(続きを読む)

 野菊も咲くまでは只の草

やがて大きな利益をもたらすような有望株や人気をさらう注目株も最初は目立たない低位株かも知れません。 儲けを生みそうなチ…(続きを読む)

 上り坂の悪材料は買い、下り坂の好材料は売り

トレンドが明確であれば、それに逆らうようなトレードはなかなか難しいと言う事だと思います。 しっかりしたトレンドが出てい…(続きを読む)

 野中の一本杉

相場が崩れて市場では連鎖的に多くの銘柄が下落している時に、ほんの少数ながら踏みとどまったり、場合によっては幾分でも上昇…(続きを読む)

 登り百日、下げ十日

上昇相場はそのファクターを見極めながら、反転の芽にも敏感に反応しつつ、じわじわと進捗してゆくものですが、逆に下降相場と…(続きを読む)

 場味につられ売買するな

場味とは、相場の状況や雰囲気のことです。 「場味が良い」とは雰囲気も良く、利益の出しやすそうなフィーリングの相場です。 …(続きを読む)

 売買の気の安らかな安楽商い、福徳円満な駆け引きと知れ

意欲的なトレードは決して悪いことでありませんが、利益の追求がシビアに過ぎると知らず知らずのうちに、無理にウドンの橋をわ…(続きを読む)

 売買の時期は、売買の銘柄より大切

いくら良い銘柄を見つけても、「良いのを見つけた」と言うだけで手を出すわけではないと思います。 そこまでの株価の流れやそ…(続きを読む)

 売買は五分高下にてならすべし、乗も同じく五分高下なり

これはナンピンのテクニックのようです。 下げの直前の振幅に対して、およそ5%の値動きでエントリーを入れてゆくと言うことで…(続きを読む)

 売買をせけばせくほど損をする、とくと休んで手を変えて見よ

損失が嵩んでくるとなんとかそれを取り戻そうとする焦りから不用意で性急なトレードをしてしまうものです。 利益が出せなかっ…(続きを読む)

相場と投資関連の経済用語、金融用語の解説集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
相場の格言、ことわざ、金言、名言を収録した格言集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
投資関連の手法やそれに伴い用語を広く集めて解説してあります。
五十音の索引からも引ける形式にしてあります。
広告


 サイトからのお知らせ。
・10/28日 最新のお知らせや重要なサイトの更新は現在特にありません。

・このサイトはグーグルクロム(Google Chrome PC版)に最適化しています。

広告



TOP