実践相場格言717句

 人気は熱しやすく、冷めやすい

市場に参加する人は儲かりそうな話に常にアンテナを張っているものだと思います。
それが独自の情報か人の尻馬に乗るようなものかの違いだけです。
専業の株トレーダーはたいてい複数の株を保有して、時節を見ながらその構成を変えています。
より有利なもの、新しいものを狙っているわけで、利を生むと言う一定の役割を終えた銘柄は注目度が落ちるのが道理です。
役目を終えて儲けるネタが他に現れれば必然的に冷めてゆきます。
そうした市場における人気の特性を知って、遅れて乗ったり、見切りを間違えたりしないようにということでしょう。

 五十音順 前後の格言

 二度に買うべし、二度に売るべし

たった一度のチャンスにすべてをかけるようなやり方は、たまたま勝ちが続けば利益も大きく気持ちも勢いづくのですが、逆に一た…(続きを読む)

 二番底は黙って買え

下落相場で大きく底を打った後上昇に転じたものの勢いに乗りきれず再び底を打つ状態が二番底です。 通常はこれによって悪材料…(続きを読む)

 ニュースは発表された瞬間に古臭いものとなる

耳寄りな話を聞くとそれを知っているのは自分だけ、あるいは多くの人はこれを知らないと言うような思い込みをしがちなものです…(続きを読む)

 人気相場は深追いするな

人気はいつまでも続かないものだと言う事でしょう。 特に相場の人気とはそれが利益が出せるものと言う絶対条件で支えられてい…(続きを読む)

 人気の重みで、株価が沈む

人気が過熱してきて株価の上昇が不適正なところまで来ると、その脹らんだ株価によって人気も株価自体もやがて沈むと言う事でし…(続きを読む)

 忍耐して時機到来を待て

知り合いの社長がFXでかなり稼いでいて、これなら銀行から金を借りてやればヒト財産築けると話していた、などと言う噂を聞くと…(続きを読む)

 ぬかるなよ、見切り肝心、意地張るな、損して得を取ることもある

目先の欲得から、損切りのタイミングであるにもかかわらず、何とかなるのでは、とか、ひたすら好転を祈る、みたいな気持ちがぬ…(続きを読む)

 眠れぬ玉は持つな

心配でたまらないような玉なら早めに見切った方が良いと言う事でしょう。 常に心配して気にしているわけですから、何かあった…(続きを読む)

 念々の間怠るべからず

念々とは「一時(いっとき・ひととき)も・・・」と言う意味のようです。 また「念々」は「年々」とも表記され、こちらはいつ…(続きを読む)

 野菊も咲くまでは只の草

やがて大きな利益をもたらすような有望株や人気をさらう注目株も最初は目立たない低位株かも知れません。 儲けを生みそうなチ…(続きを読む)

相場と投資関連の経済用語、金融用語の解説集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
相場の格言、ことわざ、金言、名言を収録した格言集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
投資関連の手法やそれに伴い用語を広く集めて解説してあります。
五十音の索引からも引ける形式にしてあります。
広告


 サイトからのお知らせ。
・11/24日 最新のお知らせや重要なサイトの更新は現在特にありません。

・このサイトはグーグルクロム(Google Chrome PC版)に最適化しています。

広告



TOP