実践相場格言717句

 にくまれる仕手に提灯つけよ

思いもかけない銘柄が急騰したり急落したりするときには大量の売り買いと言う人為的な株価操作がなされていることが多いものです。
そう言う操作のうちで他の参加者から憎まれるほどひどいものは仕掛ける側から見て相当うまく行っているものでしょうから、そのトレードの側に乗っかればまず儲かるだろうと言う意味です。
提灯とは仕手に気付いた一般投資家がこれに相乗りしようとぶら下がる様です。
これはハイリスクハイリターンの投資法ながらハイリターンの部分を見据えて行う戦略です。
こうしたトレードに乗った経験がないので感想は控えます。

 五十音順 前後の格言

 難平商いは怪我の因

ナンピンと言うのは上昇中の下落に対して価格が切り下がるたびに買いを重ねてゆくやり方です。 例えば仕掛1の買いから100円下…(続きを読む)

 難平が出来るほどの金持ちはカーネギー、モルガン、ロックフェラーの3人しかいない。しかし、彼らはそんな事をするほど愚かではない。

ナンピンを仕掛けた相場が容易に反転すれば文句はありませんが、そうとばかりは行きません。 仮に底なしの様相となった場合ど…(続きを読む)

 煮詰れば動機づく

一旦底値に入ると上昇のきっかけを掴むために結構長い時間停滞するものですが、その間も上昇のきっかけに向けていろいろな動き…(続きを読む)

 2×2=5-1=4

同じ結果でもそこに至るプロセスはそれぞれ異なるものです。 投資手法でも同じような結果をもたらす数々の技法がありますが、…(続きを読む)

 二九の十六

ホラ吹き漫才のネタに「わしゃアメリカ、マサチューセッツ州のクラーク大学に留学しとったがな」と言うのがあって、相方に「そ…(続きを読む)

 逃げる時は迷うな

事業でもそうですが、戦争では特に現状から撤退すべきときに迷いなどから一瞬手順を遅らたことによって、リスクがとんでもなく…(続きを読む)

 日数はケイ線に優先する

投資において市場の周期性を意識することは目の前の値動きより重要だと言う意味です。 これは相場の流れには周期性があると言…(続きを読む)

 二度に買うべし、二度に売るべし

たった一度のチャンスにすべてをかけるようなやり方は、たまたま勝ちが続けば利益も大きく気持ちも勢いづくのですが、逆に一た…(続きを読む)

 二番底は黙って買え

下落相場で大きく底を打った後上昇に転じたものの勢いに乗りきれず再び底を打つ状態が二番底です。 通常はこれによって悪材料…(続きを読む)

 ニュースは発表された瞬間に古臭いものとなる

耳寄りな話を聞くとそれを知っているのは自分だけ、あるいは多くの人はこれを知らないと言うような思い込みをしがちなものです…(続きを読む)

相場と投資関連の経済用語、金融用語の解説集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
相場の格言、ことわざ、金言、名言を収録した格言集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
投資関連の手法やそれに伴い用語を広く集めて解説してあります。
五十音の索引からも引ける形式にしてあります。
広告


 サイトからのお知らせ。
・12/02日 最新のお知らせや重要なサイトの更新は現在特にありません。

・このサイトはグーグルクロム(Google Chrome PC版)に最適化しています。

広告



TOP