実践相場格言717句

 難平商いは怪我の因

ナンピンと言うのは上昇中の下落に対して価格が切り下がるたびに買いを重ねてゆくやり方です。
例えば仕掛1の買いから100円下がったところで仕掛2の買いを持てば両者の玉が同数の場合、50円の値上がりでトントンと言う発想で、戻りが100%でなくとも一部の戻しで取り戻せると言う魅力があります。
しかし一部戻すと言う保障はないわけですから、戦略・見通しもなくむやみにやるものでないことは当然です。
これは目の前に損が出てしまったからそれを安易に取り戻そうと考えて行うような方法ではないと言う意味でしょう。

 五十音順 前後の格言

 生兵法は大怪我のもと

生兵法とはなまじっかの知識でこさえた戦略です。 こう言うものを不幸にして実戦で役立つものと思い込むようなきっかけがある…(続きを読む)

 波高きは天底の兆し

トレンドの波動が天井や底値に近付いてくると、日中の値動きが荒くなってくると言う意味のことわざでしょう。 こうした現象は…(続きを読む)

 汝自身を知れ

おもわぬ利益を手に入れると、誰しも自分自身を見失なったり、自分を過大評価したりしがちです。 相場人としての自分のレ…(続きを読む)

 何人も見込みは百発百中するものに非ず、ただ当たること外れるより多きは、これ成功なり

相場で読みが外れることは世の習いです。 思い通りの勝率でなくとも、その勝率で継続して利益が出ているようであれば、相場に…(続きを読む)

 難平が出来るほどの金持ちはカーネギー、モルガン、ロックフェラーの3人しかいない。しかし、彼らはそんな事をするほど愚かではない。

ナンピンを仕掛けた相場が容易に反転すれば文句はありませんが、そうとばかりは行きません。 仮に底なしの様相となった場合ど…(続きを読む)

 煮詰れば動機づく

一旦底値に入ると上昇のきっかけを掴むために結構長い時間停滞するものですが、その間も上昇のきっかけに向けていろいろな動き…(続きを読む)

 2×2=5-1=4

同じ結果でもそこに至るプロセスはそれぞれ異なるものです。 投資手法でも同じような結果をもたらす数々の技法がありますが、…(続きを読む)

 二九の十六

ホラ吹き漫才のネタに「わしゃアメリカ、マサチューセッツ州のクラーク大学に留学しとったがな」と言うのがあって、相方に「そ…(続きを読む)

 にくまれる仕手に提灯つけよ

思いもかけない銘柄が急騰したり急落したりするときには大量の売り買いと言う人為的な株価操作がなされていることが多いもので…(続きを読む)

相場と投資関連の経済用語、金融用語の解説集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
相場の格言、ことわざ、金言、名言を収録した格言集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
投資関連の手法やそれに伴い用語を広く集めて解説してあります。
五十音の索引からも引ける形式にしてあります。
広告


 サイトからのお知らせ。
・10/25日 最新のお知らせや重要なサイトの更新は現在特にありません。

・このサイトはグーグルクロム(Google Chrome PC版)に最適化しています。

広告



TOP