実践相場格言717句

 鳴くまで待とうホトトギス

先日BSの歴史番組で、泣くまで待とうと言うのは信長の性格で、逆に家康は代々気の短さで失敗してきた家系の血を引いていて「殺してしまえ」こそ家康の性格だったと言う事を言っていましたが、気の短い人は結論を急ぐため、特殊なトレードならともかく普通に考えられるトレードには向いていないかもしれません。 「鳴かしてやろう」というのは秀吉だそうですが、これは放っておくより積極的に動かそうと言う意味かと思いますが、こちらも焦ってきてそれが強引・無理な方に向いてくるとうまく行かないものでしょう。
秀吉ほどの才覚と実力があればある程度強引にことを動かすことも出来るかもしれませんが、朝鮮出兵でもわかるように強引すぎると行き詰まるものです。
「泣くまでまとう」は普通の説では家康が天下を手中にできる実力が徳川家に備わるのと、社会の状況(豊臣家の崩壊)が整うチャンスをじっと耐えて待った結果最後に天下を手中にした状態を言いますが、実力が備わり、チャンスが訪れるのを待つと言う方法が相場でも可能性の一番高い方法だと言う意味でしょう。
ちなみに「鳴くまで待とう」が信長かも知れないと言う話に個人的に納得した理由を言うと、信長は超合理主義者なので、役に立たないものなら確かに「殺してしまえ」となると思いますが、その戦略などから見て決して信長が短気とも思えないので、役に立ちそうなホトトギスなら「鳴くまで待つ」のではないかと感じています。
役に立たないものを切ったから天下を目前にできたのだと思います。
本能寺は光秀がその合理主義的な評価から自分がいずれ不用とされると感じたからではないでしょうか。

 五十音順 前後の格言

 友なき方へ行くべし

単純に「人と違うトレードをしろ」あるいは「人と同じ方向を見てトレードしてはいけない」と言うことでもないような気がします…(続きを読む)

 鳥は古巣に帰り、相場も古巣に戻る

仮に値動きが戸惑うような様相を見せても、相場はそのイレギュラーな状態の根拠を持っていないと、いずれしかるべき水準に回帰…(続きを読む)

 トレンドを友とせよ

言うまでもないことですが市場はトレンドを形成します。 目の前で下落現象が起こっているからと言っても、それより長いサイク…(続きを読む)

 長らく保ち合った相場の岐かれに逆らうべからず

保ち合い相場ではその後の動きを決定するポテンシャルが大きく溜まるケースが多々あります。 特に長く続いた保ち合い相場では…(続きを読む)

 泣く時は泣いて渡れ

思惑に反してトレンドが転換したような場合には、泣きを入れてでもその相場に逆らってはならないと言う意味でしょう。 相場の…(続きを読む)

 生兵法は大怪我のもと

生兵法とはなまじっかの知識でこさえた戦略です。 こう言うものを不幸にして実戦で役立つものと思い込むようなきっかけがある…(続きを読む)

 波高きは天底の兆し

トレンドの波動が天井や底値に近付いてくると、日中の値動きが荒くなってくると言う意味のことわざでしょう。 こうした現象は…(続きを読む)

 汝自身を知れ

おもわぬ利益を手に入れると、誰しも自分自身を見失なったり、自分を過大評価したりしがちです。 相場人としての自分のレ…(続きを読む)

 何人も見込みは百発百中するものに非ず、ただ当たること外れるより多きは、これ成功なり

相場で読みが外れることは世の習いです。 思い通りの勝率でなくとも、その勝率で継続して利益が出ているようであれば、相場に…(続きを読む)

相場と投資関連の経済用語、金融用語の解説集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
相場の格言、ことわざ、金言、名言を収録した格言集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
投資関連の手法やそれに伴い用語を広く集めて解説してあります。
五十音の索引からも引ける形式にしてあります。
広告


 サイトからのお知らせ。
・09/22日 最新のお知らせや重要なサイトの更新は現在特にありません。

・このサイトはグーグルクロム(Google Chrome PC版)に最適化しています。

広告



TOP