実践相場格言717句

 泣く時は泣いて渡れ

思惑に反してトレンドが転換したような場合には、泣きを入れてでもその相場に逆らってはならないと言う意味でしょう。
相場の様相は社会の変化によって微妙に変わってきます。
その都度、過去に立てた方針が無効になることが相場の常です。
これはせっかく苦労して立てた方針だからもう少し様子を見てみようなどと、安易にそれにこだわりを持つととんでもない目に合うものでしょう。
泣くべき時もあるものだと心得て、泣いて無用の玉を諦めると言うことだと思います。

 五十音順 前後の格言

 止まっている時計でも一日に二度は当たる

狂っているから針をあわせておこうなどと余計なことをしなければ、止まっている時計は一日に二度は正確な時間を指しています。…(続きを読む)

 友なき方へ行くべし

単純に「人と違うトレードをしろ」あるいは「人と同じ方向を見てトレードしてはいけない」と言うことでもないような気がします…(続きを読む)

 鳥は古巣に帰り、相場も古巣に戻る

仮に値動きが戸惑うような様相を見せても、相場はそのイレギュラーな状態の根拠を持っていないと、いずれしかるべき水準に回帰…(続きを読む)

 トレンドを友とせよ

言うまでもないことですが市場はトレンドを形成します。 目の前で下落現象が起こっているからと言っても、それより長いサイク…(続きを読む)

 長らく保ち合った相場の岐かれに逆らうべからず

保ち合い相場ではその後の動きを決定するポテンシャルが大きく溜まるケースが多々あります。 特に長く続いた保ち合い相場では…(続きを読む)

 鳴くまで待とうホトトギス

先日BSの歴史番組で、泣くまで待とうと言うのは信長の性格で、逆に家康は代々気の短さで失敗してきた家系の血を引いていて「殺…(続きを読む)

 生兵法は大怪我のもと

生兵法とはなまじっかの知識でこさえた戦略です。 こう言うものを不幸にして実戦で役立つものと思い込むようなきっかけがある…(続きを読む)

 波高きは天底の兆し

トレンドの波動が天井や底値に近付いてくると、日中の値動きが荒くなってくると言う意味のことわざでしょう。 こうした現象は…(続きを読む)

 汝自身を知れ

おもわぬ利益を手に入れると、誰しも自分自身を見失なったり、自分を過大評価したりしがちです。 相場人としての自分のレ…(続きを読む)

相場と投資関連の経済用語、金融用語の解説集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
相場の格言、ことわざ、金言、名言を収録した格言集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
投資関連の手法やそれに伴い用語を広く集めて解説してあります。
五十音の索引からも引ける形式にしてあります。
広告


 サイトからのお知らせ。
・11/24日 最新のお知らせや重要なサイトの更新は現在特にありません。

・このサイトはグーグルクロム(Google Chrome PC版)に最適化しています。

広告



TOP