実践相場格言717句

 保合の時、慰みに商いを仕掛けまじき事

保ち合い相場になると本来行っていたスタイルの投資法に照らしてみて商いのチャンスが見出せないような人もいます。
そういう時に利益を出せない不安やチャンスに焦れた思いから、やったこともないにわか仕込みのボックス投資法などを不用意に試してみたいなどと考えてしまうかもしれません。
しかい思い付き的にそう言う事をやってしまうと自分がそれまでキープしてきた投資リズムや投資手法を崩してしまう可能性があります。
保ち合い相場に限らずトレードは焦りや不安から心が乱されると、その場その場の気持ちからつい不用意なことをしてしまいがちなものですが、自分に課したルールを守れていないと気づいたら自分のトレードスタイルが崩壊しつつあると感じるべきかもしれません。

 五十音順 前後の格言

 メンツにこだわると、メンツと財産を同時に失う

相場は日々刻々と様相を変えてゆくものです。 とても硬直した気持ちや思いこみで太刀打ちできる相手ではありません。 刻々と事…(続きを読む)

 儲かっても、損をしてもしばらく休め

気持ちが高ぶっていても沈んでいても、そう言う気持ちのままで次のトレードに掛かるべきではないと言う事だと思います。 勝っ…(続きを読む)

 もうはまだなり

トレンドの確定や押し目のエントリータイミングなどのチャンスを待っている時に、そのような相場が訪れたようでも、実はまだそ…(続きを読む)

 もうはまだなり、まだはもうなり

これは天底の形成とそこからの反転や、仕掛けのタイミングを確認するときの格言のようです。 「もう」と思った気持ちや「まだ…(続きを読む)

 保合相場に慣れて大勢を見誤るな

相場の停滞が長引くと保ち合いでの戦略を建てる人もいれば、諦めてうんざりしながら見ている人もいます。 そう言うムードにな…(続きを読む)

 保合い放れにつけ

保ち合い相場と言う現象は様子見や迷いで起こっているものでしょう。 そのため、いずれそうした心理的葛藤は消化されて方向性…(続きを読む)

 戻り待ちに戻りなし

この「戻り待ち」と言うのは、直近の抵抗などを見つつ状況判断として戻りが出ればそれに対処するような心持で待っている状態で…(続きを読む)

 物に本末あり、事に終始あり。先後する所を知らば則ち道に近し

「本末」とは本質部分と派生部分があると言う事です。 「終始」とは物事には原因と結果があると言う事です。 相場での投資の本…(続きを読む)

 物の景気ということは我が智力強ければ必ず見ゆる所なり

「景気」とは今起こっている現象や、起こりつつあるものの気配と言う事だと思います。 そう言ったものは経験や知識、考察力が…(続きを読む)

 森をみて木を見ず、木を見て森を見ず

「木を見て森を見ず」とは目の前の事象にとらわれすぎて、全体を見落としている状況でしょう。 相場では大きな流れを読むと言…(続きを読む)

相場と投資関連の経済用語、金融用語の解説集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
相場の格言、ことわざ、金言、名言を収録した格言集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
投資関連の手法やそれに伴い用語を広く集めて解説してあります。
五十音の索引からも引ける形式にしてあります。
広告


 サイトからのお知らせ。
・12/01日 最新のお知らせや重要なサイトの更新は現在特にありません。

・このサイトはグーグルクロム(Google Chrome PC版)に最適化しています。

広告



TOP