実践相場格言717句

 儲かっても、損をしてもしばらく休め


気持ちが高ぶっていても沈んでいても、そう言う気持ちのままで次のトレードに掛かるべきではないと言う事だと思います。
勝ったら勝ったで、勝癖を付けようなどと言う了見で気持ちが逸るものですし、負けたら負けたでそれを取り戻そうと考えて気持ちの焦るものです。
そうした急いた気持ちでトレードにかかるとその判断力にかなりのリスクが生じます。
平常心が確認できるまでは、気持ちを休めるのが良いと思います。

 五十音順 前後の格言

 名人は相場の恐さを知る

初心者は相場で儲けた人の夢のような話ばかりに敏感に反応しつつ相場に参加するとかそう言うことを期待して参加すると言う場合…(続きを読む)

 迷者は路を問わず

「迷者不問」と言うことわざから来ているもので、無知であるのにその無知をわかっていない人や、知ったかぶりをするような人を…(続きを読む)

 目先観で投資するな

裏付けのない薄っぺらい了見で相場に手を出してはいけないと言う事でしょう。 新興宗教の宇宙観などはだいたい誰でも簡単に理…(続きを読む)

 目出度くも春を迎える心なら引かれ玉に餅を食わすな

引かれ玉は含み損のことです。 「引かれ玉に餅を食わすな」とは含み損を抱えたままで年越しをするなと言う意味です。 もちろん…(続きを読む)

 メンツにこだわると、メンツと財産を同時に失う

相場は日々刻々と様相を変えてゆくものです。 とても硬直した気持ちや思いこみで太刀打ちできる相手ではありません。 刻々と事…(続きを読む)

 もうはまだなり

トレンドの確定や押し目のエントリータイミングなどのチャンスを待っている時に、そのような相場が訪れたようでも、実はまだそ…(続きを読む)

 もうはまだなり、まだはもうなり

これは天底の形成とそこからの反転や、仕掛けのタイミングを確認するときの格言のようです。 「もう」と思った気持ちや「まだ…(続きを読む)

 保合相場に慣れて大勢を見誤るな

相場の停滞が長引くと保ち合いでの戦略を建てる人もいれば、諦めてうんざりしながら見ている人もいます。 そう言うムードにな…(続きを読む)

 保合の時、慰みに商いを仕掛けまじき事

保ち合い相場になると本来行っていたスタイルの投資法に照らしてみて商いのチャンスが見出せないような人もいます。 そういう…(続きを読む)

 保合い放れにつけ

保ち合い相場と言う現象は様子見や迷いで起こっているものでしょう。 そのため、いずれそうした心理的葛藤は消化されて方向性…(続きを読む)

相場と投資関連の経済用語、金融用語の解説集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
相場の格言、ことわざ、金言、名言を収録した格言集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
投資関連の手法やそれに伴い用語を広く集めて解説してあります。
五十音の索引からも引ける形式にしてあります。
広告


 サイトからのお知らせ。
・09/22日 最新のお知らせや重要なサイトの更新は現在特にありません。

・このサイトはグーグルクロム(Google Chrome PC版)に最適化しています。

広告



TOP