実践相場格言717句

 見切りを早むるとも、断じて遅らすなかれ

見切りを早めると言うのもやや引っかかる気もしますが、兎にも角にも見切るべき玉のエグジットを遅らせてはならないと言う事でしょう。
見切りの判断は万一好転すればともかく、ほぼ大抵の場合は遅れれば遅れるほど傷口を広げるものです。
一定量の玉を建てていて流動性の低い限月物などであれば、約定までのスリッページもどんどん不利になる可能性があります。
焦って「見切りを早むる」場合、不利益をこうむることもあるわけですが、それよりも「断じて」見切り時を遅らせてはならないと言っているわけです。
これに対して(見切りの有益さがわかっていれば)反論はなかなか難しい気がします。

 五十音順 前後の格言

 迷ったときには急いで半分仕舞え

フラフラと目先の利益で迷っているのならともかく、真剣に決断を迫られる局面ならこれはありでしょう。 資金管理の手段として…(続きを読む)

 迷わば休むべし、相場は常にあり、

「相場は常にあり」と言うのは相場がある限りチャンスは何度でも訪れると言う意味でしょう。 初心者ほど逃した魚の大きさを思…(続きを読む)

 迷わば休むべし、相場は常にあり、決すれば進むべし機は瞬間に去る

迷うときにはアッサリ諦めて次のチャンスに備えるというのがたぶんトレードでは最も理にかなった方法だと思います。 これは利…(続きを読む)

 慢は損を招き、謙は益を享く

奢った心は、手順を無視したり、身の程にあわないものに手を出したりと、いろいろと不用意に損失を引き寄せる可能性があります…(続きを読む)

 見切り千両

損切りにしても利乗せにしても、「もうここまで…」と見切りを付けることは意外と難しい場面が多いものです。 人情としてまだ何…(続きを読む)

 三日先知れば長者

先の事は誰にも分からないと言う事の喩えです。 今の時代ならトレードのスタイルによっては「1分先知れば長者」と言うことにな…(続きを読む)

 三日知れば長者

もし三日先のことまでわかっていれば、長者はおろか地球の帝王にだってなれそうです。 せめて一時間先であってもそれが正確に…(続きを読む)

 三日待つべし

投資生活において焦りや迷い、自信喪失のようなマイナスの感情が支配的になっていたら、頭を冷やすために一定の時間を空けた方…(続きを読む)

 麦わら帽は冬に買え

今はどうなのか良く知りませんが、この格言の時代には麦わら帽子は型落ちのない商品だったのでしょうか。 誰も気づかないよう…(続きを読む)

 向かう理は高きを売りて安きを買う、米商いの大秘密なり

「向う」とは逆張りのことなので「向う理」とは逆張りの正しいやり方あるいは考え方と言う意味でしょう。 「高きを売りて安き…(続きを読む)

相場と投資関連の経済用語、金融用語の解説集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
相場の格言、ことわざ、金言、名言を収録した格言集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
投資関連の手法やそれに伴い用語を広く集めて解説してあります。
五十音の索引からも引ける形式にしてあります。
広告


 サイトからのお知らせ。
・09/18日 最新のお知らせや重要なサイトの更新は現在特にありません。

・このサイトはグーグルクロム(Google Chrome PC版)に最適化しています。

広告



TOP