実践相場格言717句

 迷うは不利のもと

本当に難しい場面で迷うのは致し方ないことですし、そう言う迷いなら結論が出なければ見合わせると言う選択肢を使うことが出来ます。
しかし、迷い自体に迷うような、定まらぬ思いから迷ってばかりいるような、そう言う迷いがあるのなら、トレーダーとしての根本を疑ってみる必要があります。
疑うべきこととは、自分に適性があるのか、実力があるのか、能力があるのか、相場観が備わっているのか、もしかしたらそう言うものがしっかり身についていると言う自信がないから迷っている、もしくはそう言うものがないから、何も決断できなず思い付きでやっているのではないかと言うことです。
もしそう言うところが問題であれば立ち返ってトレーダーとして必要なものを身に付けるところからやり直すべきかもしれません。

 五十音順 前後の格言

 待つは仁

「仁」とは大切にする、大事にする心を持つと言う事ではないかと思います。 つまりチャンスを待つからにはそれを大事に思うこ…(続きを読む)

 待つは仁、向かうは勇、利乗せは智の得

向うとは「逆張り」を指す言葉のようですので、流れからしてこれは反転や押し目、戻り目で逆を仕掛ける場合の心得ではないかと…(続きを読む)

 待てば海路の日和あり

海は常に穏やかなわけでも、またいつも荒れているわけでもありません。 舟を進めるのに具合の良いコンディションもあれば、そ…(続きを読む)

 学んで思わざれば罔し。思うて学ばざれば殆し

いくら一生懸命勉強したり研究したりしても、腑に落ちるもの、道理が悟れるものがなければ、その時間は残念な結果だったと言え…(続きを読む)

 迷いながら進むより引き返せ

迷う心は迷っている自分に焦る気持ちと絡み合って、相場では判断の遅れや、判断のミスを誘います。 つまり、仕掛けのタイミン…(続きを読む)

 迷ったときには急いで半分仕舞え

フラフラと目先の利益で迷っているのならともかく、真剣に決断を迫られる局面ならこれはありでしょう。 資金管理の手段として…(続きを読む)

 迷わば休むべし、相場は常にあり、

「相場は常にあり」と言うのは相場がある限りチャンスは何度でも訪れると言う意味でしょう。 初心者ほど逃した魚の大きさを思…(続きを読む)

 迷わば休むべし、相場は常にあり、決すれば進むべし機は瞬間に去る

迷うときにはアッサリ諦めて次のチャンスに備えるというのがたぶんトレードでは最も理にかなった方法だと思います。 これは利…(続きを読む)

 慢は損を招き、謙は益を享く

奢った心は、手順を無視したり、身の程にあわないものに手を出したりと、いろいろと不用意に損失を引き寄せる可能性があります…(続きを読む)

 見切り千両

損切りにしても利乗せにしても、「もうここまで…」と見切りを付けることは意外と難しい場面が多いものです。 人情としてまだ何…(続きを読む)

相場と投資関連の経済用語、金融用語の解説集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
相場の格言、ことわざ、金言、名言を収録した格言集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
投資関連の手法やそれに伴い用語を広く集めて解説してあります。
五十音の索引からも引ける形式にしてあります。
広告


 サイトからのお知らせ。
・10/31日 最新のお知らせや重要なサイトの更新は現在特にありません。

・このサイトはグーグルクロム(Google Chrome PC版)に最適化しています。

広告



TOP