実践相場格言717句

 待つは仁、向かうは勇、利乗せは智の得

向うとは「逆張り」を指す言葉のようですので、流れからしてこれは反転や押し目、戻り目で逆を仕掛ける場合の心得ではないかと思います。
反転や押し目と言うのは、儲けたい一心で焦るようなことがあってはいけないと言うのが「待つは仁」と言う部分でしょう。
「仁」とはここでは投資の資金や自分の投資手法を大切にすることが肝要と言う意味だと思われるので、チャンスを待つと言う事はそれによって自分の投資スタイルを崩さないことが投資の本道と言ったニュアンスだと思います。
「向うは勇」とは人の逆を張るわけですからそれには迷いのない強い思いがいるということでしょう。
「とにかく勇気をふりしぼってツッコめ」と言う意味ではないでしょう。
一旦決断したからにはその決断を鈍らせるような迷いや弱い気持ちがあってはならない、あるいは決断に当たっても同様に迷いや腰の引けた思いがあってはならないと言う事です。
もしそう言う気持ちがぬぐいきれないのなら、勇気をふりしぼって弱い自分を鼓舞するではなく、そのトレードは勇気を持って中止するべきなのでしょう。
最後の「利乗せは智の得」とは、仕掛けに成功した後のことで、そこから利益を伸ばすのは自分の経験・技量・知恵に合わせて行うべきだと言う意味でしょう。
つまり能力を無視したような利食いはいけないと言う意味にとれます。

 五十音順 前後の格言

 負ける人は、なんとか負け金を払える余裕があるから負けるのである

借金であろうが生活費の赤字であろうがつぎ注込める資金があるから負け続けられます。 その資金がなければ、負けない工夫や負…(続きを読む)

 まだはもうなり

天底の過熱感や過度な悲観では、皆がまだ上がるとか底まではもっとあると言う気持ちでいます。 この「まだ」は利食い損切りで…(続きを読む)

 間違えて入ることを避けるのと同様に、間違えて手仕舞うことも避ける。二つながら間違いだからである。

仕掛けで見立てそこなったり心の迷いからタイミングを間違えたりすると結果はおのずと厳しいものになります。 かと言って仕掛…(続きを読む)

 待ちて逃がすはよし、いら立ちて損するなかれ

慎重に取り組んでみて、心にかなうものがなくて見送るのはやむを得ないけれど、心にかなう局面がこないこと自体に苛立って、捨…(続きを読む)

 待つは仁

「仁」とは大切にする、大事にする心を持つと言う事ではないかと思います。 つまりチャンスを待つからにはそれを大事に思うこ…(続きを読む)

 待てば海路の日和あり

海は常に穏やかなわけでも、またいつも荒れているわけでもありません。 舟を進めるのに具合の良いコンディションもあれば、そ…(続きを読む)

 学んで思わざれば罔し。思うて学ばざれば殆し

いくら一生懸命勉強したり研究したりしても、腑に落ちるもの、道理が悟れるものがなければ、その時間は残念な結果だったと言え…(続きを読む)

 迷いながら進むより引き返せ

迷う心は迷っている自分に焦る気持ちと絡み合って、相場では判断の遅れや、判断のミスを誘います。 つまり、仕掛けのタイミン…(続きを読む)

 迷うは不利のもと

本当に難しい場面で迷うのは致し方ないことですし、そう言う迷いなら結論が出なければ見合わせると言う選択肢を使うことが出来…(続きを読む)

 迷ったときには急いで半分仕舞え

フラフラと目先の利益で迷っているのならともかく、真剣に決断を迫られる局面ならこれはありでしょう。 資金管理の手段として…(続きを読む)

相場と投資関連の経済用語、金融用語の解説集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
相場の格言、ことわざ、金言、名言を収録した格言集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
投資関連の手法やそれに伴い用語を広く集めて解説してあります。
五十音の索引からも引ける形式にしてあります。
広告


 サイトからのお知らせ。
・09/25日 最新のお知らせや重要なサイトの更新は現在特にありません。

・このサイトはグーグルクロム(Google Chrome PC版)に最適化しています。

広告



TOP