実践相場格言717句

 マグレ当りにて儲けし金は他人の金を預かったと同じ

チャンスを逃さないと言う事はただ掴むと言う事にとどまらず、それを自分のものとして定着できるかどうかが重要です。
せっかくチャンスを掴んでも一過性で終わっては、単なる幸運と言う事になります。
掴み切れなかった一過性のチャンスやチャンスとも言えないような偶然の幸運で得た利益が原因で、ライフスタイルが崩れたりすることにで、得たものの何倍もの損失を出すこともあります。
それを避けるには、この格言のようにそれは自分のものと思わないで預かり物と思うのも一つの方法です。
ただ投資の初心者にはそれはかなり難しい事なのでせめて半分を無駄遣いして、残りの半分を預かりものにするというのなら出来る可能性があるかもしれません。
たとえ半分でも相場で得た余剰利益にきちんとケジメを付けることができたなら、その経験は必ず先で生きてくるように思えます。

 五十音順 前後の格言

 仏の顔、閻魔の顔も三四度

仏の顔も三度までと言うのは優しくして貰えるのも限度があると言うような意味だと思いますが、ここで言う仏の顔は「好材料」、…(続きを読む)

 誉められる仕手は全盛の極みなり、人より先に提灯を消せ

「仕手」とはあえて低位株やボロ株に意図的に資金を入れて株価操作を行い、その結果人為的に利益を生み出すと言う非合法なトレ…(続きを読む)

 舞坂三里、乗るも馬鹿、乗らぬも馬鹿

舞坂はかつて浜名湖沿いの景勝地として知られた土地ですが、舞坂三里と呼ばれた街道は足元が悪い道としても知られていたようで…(続きを読む)

 蒔かぬ種は生えぬ

シミュレーター(デモトレード)で練習ばかりしていても、果実(金銭的なものも経験や技量と言ったものも)が得られることはあ…(続きを読む)

 曲がり屋に向かえ

「曲がり屋」とは相場で失敗を繰り返す人の事です。 現代の相場で失敗ばかりする人の逆を張れば儲かるような単純な話は多分あ…(続きを読む)

 負けた相場を知っている者こそ価値がある。何故ならば次回はそれを教訓とするから

負けを価値とし「次回からそれを教訓とする」とありますが、次回に活かすためには根本原因かもしれない自分の姿勢も理解してお…(続きを読む)

 負ける人は、なんとか負け金を払える余裕があるから負けるのである

借金であろうが生活費の赤字であろうがつぎ注込める資金があるから負け続けられます。 その資金がなければ、負けない工夫や負…(続きを読む)

 まだはもうなり

天底の過熱感や過度な悲観では、皆がまだ上がるとか底まではもっとあると言う気持ちでいます。 この「まだ」は利食い損切りで…(続きを読む)

 間違えて入ることを避けるのと同様に、間違えて手仕舞うことも避ける。二つながら間違いだからである。

仕掛けで見立てそこなったり心の迷いからタイミングを間違えたりすると結果はおのずと厳しいものになります。 かと言って仕掛…(続きを読む)

 待ちて逃がすはよし、いら立ちて損するなかれ

慎重に取り組んでみて、心にかなうものがなくて見送るのはやむを得ないけれど、心にかなう局面がこないこと自体に苛立って、捨…(続きを読む)

相場と投資関連の経済用語、金融用語の解説集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
相場の格言、ことわざ、金言、名言を収録した格言集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
投資関連の手法やそれに伴い用語を広く集めて解説してあります。
五十音の索引からも引ける形式にしてあります。
広告


 サイトからのお知らせ。
・11/29日 最新のお知らせや重要なサイトの更新は現在特にありません。

・このサイトはグーグルクロム(Google Chrome PC版)に最適化しています。

広告



TOP