実践相場格言717句

 愚人喋々する時は沈黙せよ

愚人とはちゃんと物事を理解していない人たちです。
そう言うちゃんとした知識や手法を身に付けるのが苦手な人たちは、その足らない部分を「人に語る、あるいは人と語り合う」と言うある種の自己満足で埋めようとする傾向があるようです。
そのような人達との議論と言うものの意味を考えれば「沈黙」が最良の対応策になると言う事なのでしょう。

 五十音順 前後の格言

 記録破りは相場の変わり目

ここで言う「記録」とは出来高や売買代金などトレーダーの参加意欲に関わるもののようです。 こうしたものに大きな変化があれ…(続きを読む)

 記録破れば高峠

ピーク付近では往々にして過熱感と言う現象が起こります。 実体を超えた活況によるフィーバーです。 この格言中の更新対象(破…(続きを読む)

 木を見て森を見ず

秀吉の小田原征伐めの際、北条氏直は二十万以上の豊臣軍を敵に回しても家康を始め多くの武将の降伏進言に耳を貸すことはありま…(続きを読む)

 槿花一日の栄

木槿(ムクゲ)の花は一日で散るそうです。 美味しい相場が来たと言って喜んでいても、その一瞬のタイミングを逃してしまえば…(続きを読む)

 金言耳に逆らう

ここで言う金言とは他人から指摘される貴重でまっとうな助言のようなものを言っているようです。 トレーダーの心の中には経験…(続きを読む)

 玄人の大曲がり、素人の大当たり

良くビギナーズラックと言いますが、知的な勝負では先入観の有無が勝敗を分ける事もあると言う事でしょう。 それなりの経験や…(続きを読む)

 君子は豹変す

中国の易経、革卦にでてくる有名な諺です。 優秀な人は目的達成と言う基準を明確に意識していて、そのために正しい尺度、理に…(続きを読む)

 群集は常に損をする。なぜなら、群集はいつも間違っているからである。彼らはノーマルな動きしかしないためにいつも間違う。

良く語られることに、相場では勝ち組トレーダーはほんの一握りで、残りの九割以上の参加者は負け組だと言うのがありますが、こ…(続きを読む)

 罫線は足跡を見て次を予想するものではない自分で捉えるものだ

この格言は日本の明治時代のコメ仲買の実業家「岡半右衛門」のものらしいので、罫線とはローソク足のことを言っていると思いま…(続きを読む)

 罫線は相場師の杖である

明治時代の相場師「田附政次郎」の言ったことらしいのでここで言う罫線はローソク足だと思います。 相場はある意味群集心理の…(続きを読む)

相場と投資関連の経済用語、金融用語の解説集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
相場の格言、ことわざ、金言、名言を収録した格言集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
投資関連の手法やそれに伴い用語を広く集めて解説してあります。
五十音の索引からも引ける形式にしてあります。
広告


 サイトからのお知らせ。
・12/01日 最新のお知らせや重要なサイトの更新は現在特にありません。

・このサイトはグーグルクロム(Google Chrome PC版)に最適化しています。

広告



TOP