実践相場格言717句

 小掬い商いは怪我のもと

薄い利を狙った小規模な売買なら大けがもするまいと言う考えになりがちですが、ちょっとだけ手を出そうと言う考え自体が自信のなさの裏返しであったり、他人が儲け話を羨むだけの方針のない心からでたものではないかと思います。
そう言うふらついた考えでトレードを行うと、小さな負けであっても、その負けを何とか取り戻そうとしてついには大きな痛手を負ったりするものです。
気が付いたら大きく負けていたり、絶望的な気持ちの落とし穴でもある「神頼みで一気に取り戻そうなどと言う返そうと」などと言う気持ちに捕らわれるともうどうにもなりません。
大きなトレードであろうが小さなトレードであろうが、思い付きだけの戦略のないようなトレードはどのみち大怪我の元だということでしょう。

 五十音順 前後の格言

 国策には逆らうな

国が政策として決定することには、日本のような民主主義やアメリカのような自由主義を元に経済が動いている国ではたいていそこ…(続きを読む)

 虎穴に入らずんば虎子を得ず

儲けのためには進んで危険なことをすべきだと言う事ではなくて、危険を避けてばかりいてはトレードにならないと言う事を言って…(続きを読む)

 心動けば相場に曲がる

せっかく手間暇かけて練った戦略に従って居ても、相場の動きによってその度に判断に迷いは生じがちです。 「心動く」とはそう…(続きを読む)

 心の駒に手綱許すな

相場師の心の中には暴れ馬が住んでいるそうです。 この馬は、欲得に憑りつかれるととんでもない方向に勝手に走り出したり、損…(続きを読む)

 心やすい人にも株式の売買を勧めるべきではない

トレードは自己責任の世界です。 この自分自身の責任と言う部分を甘く見ると、つい自身の最近の利益やそれをもたらした手法な…(続きを読む)

 後手よりも先手

後手と言うのは誰かのトレードに追随するようなトレードの事でしょう。 昔の相場では取引所でトレーダー同士が顔見知りになっ…(続きを読む)

 この道不案内の人は迂闊にこの商いをすべからず

簡単に言えば素養も経験も技量もなくて相場に手を出すべきではないと言う事でしょう。 相場は場合によっては人生を棒に振るほ…(続きを読む)

 小回り三ヶ月

回りとは「景気循環」のことでそのうちで短いものが三ヶ月で廻ると言う意味です。 昔は信用取引の期限が三ヶ月であったことか…(続きを読む)

 小回り三ヶ月、大回り三年

景気循環説と言うのがありますが、それはある一定の期間ごとに景気の波が繰り返すと言う考え方です。 その循環の波は時々の事…(続きを読む)

 小回り三月、大回り三年

チャートに現れるようなピークボトムのサイクルはたいてい二年から三年くらいで起こるようです。 また、そのサイクルとサイク…(続きを読む)

相場と投資関連の経済用語、金融用語の解説集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
相場の格言、ことわざ、金言、名言を収録した格言集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
投資関連の手法やそれに伴い用語を広く集めて解説してあります。
五十音の索引からも引ける形式にしてあります。
広告


 サイトからのお知らせ。
・11/30日 最新のお知らせや重要なサイトの更新は現在特にありません。

・このサイトはグーグルクロム(Google Chrome PC版)に最適化しています。

広告



TOP