実践相場格言717句

 奇跡を願ってもよい。しかし、奇跡を頼ってはならない

大物相場師が大事にした投資や勝負にまつわる有名寺社と言うのが結構ありますが、まさにそう言う人たちが投資に成功したのは自力遂行の精神をサポートするための祈りは重ねても、決して成功を神仏に頼ったわけではなかったと言う事だと思います。
事業で成功を収めた人の社長室を訪れると、祈りの対象を良く見かけます。
昔は神棚や、弘法大師の木造、ロータリークラブの精神訓や場合によっては電通鬼十則などそれぞれ自分のメンタルをサポートするための祈りの対象をおいているケースが多かったと思います。
明日をも知れぬ人生をお互い生きているわけですから、その知ることのできない明日のリスクを考えだしたら誰しも不安で生きていられないはずです。
そうしたマイナス思考がもたらす事業リスクから自分自身や従業員の生活を守るために、経営者はこれだけ頑張っているんだから何とかなると言った自己暗示をかけているものです。
自分の力を信じると言う意味なら奇跡を願う事はビジネスやトレーダーの世界ではある意味当然の事でしょうが、すべて神様にお任せ的な都合の良い奇跡の待望は厳しい世界ではその意味をなさない問う事かと思います。

 五十音順 前後の格言

 機会は短く、待つは長い

大きなチャンスはなかなか来ない上に、たまたま来たところでうかうかしているとすぐに消えてしまうと言う事でしょう。 日々の…(続きを読む)

 機会が人を見捨てるよりも、人が機会を見捨てる方がはるかに多い

チャンスを掴み損ねているのは受け手の側の責任だと言う事でしょう。 利益の機会は相場では同じように訪れているはずですが、…(続きを読む)

 奇貨居くべし

中国の「史記」に出てくる格言らしく、世間にとって珍しい物、貴重なものなら手に入れておけば、あとで大きな利益をあげる材料…(続きを読む)

 機関投資家はみんないっしょの方向にしか動かない

機関投資家はプロなのでしっかりしたリスク回避のルーティーンを守ります。 そのため彼らのレベルで見て確実に見えるベクトル…(続きを読む)

 聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥

自分の無知を晒して他人に教えを乞う事は恥ずかしくて勇気もいることでしょうが、知ったかたぶりを生涯貫くとこでそこら中に蒔…(続きを読む)

 気の落ち着かぬ時の商いは、十度が十度損なりと察すべき

迷いや焦り、自信喪失や疑いなどのマイナス感情が払拭できないような状態で行うトレードはまず、近いうちに破綻するものだと言…(続きを読む)

 木は天まで伸びず

限度のない成長や進捗はないと言う事でしょう。 木は伸びきって限度を迎えた後も枯れるまでの間はその状態を保つことが出来ま…(続きを読む)

 木は天までは育たない

中長期の投資では含み益が脹らんでいるとまだまだそれが伸びることを期待しているうちに見切り時をミスジャッジすることがあり…(続きを読む)

 木は庭に植えず山に植えよ

個別銘柄の投資に関する格言ではないかと思います。 幾ら気に入った木でも大きく育てたいのなら、無理に手元に置かずにしかる…(続きを読む)

 希望は大きく、準備は細心に

トレードにおける希望・期待はモチベーションを保つうえでも大事なことだと思いますが、希望だけでトレードが出来るわけではあ…(続きを読む)

相場と投資関連の経済用語、金融用語の解説集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
相場の格言、ことわざ、金言、名言を収録した格言集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
投資関連の手法やそれに伴い用語を広く集めて解説してあります。
五十音の索引からも引ける形式にしてあります。
広告


 サイトからのお知らせ。
・11/24日 最新のお知らせや重要なサイトの更新は現在特にありません。

・このサイトはグーグルクロム(Google Chrome PC版)に最適化しています。

広告



TOP