実践相場格言717句

 機関投資家はみんないっしょの方向にしか動かない


機関投資家はプロなのでしっかりしたリスク回避のルーティーンを守ります。
そのため彼らのレベルで見て確実に見えるベクトルやタイミングにその投資行動は集中しているはずです。
また彼らは同業者の動向に敏感です。
但しこれらの行動はいろいろな手法で一般投資家には見えにくい形で執行されているので、なかなか掴みにくいものですが、板読みやライン読み、テープリーディングなどで相場の動きを理解できるようになると、明確な動きはともかくも垣間見えるようにはなってくるものです。
一般投資家はえてして機関投資家の思惑や隠ぺいに引っかかって逆ばかりを行くものですが、大手の手法を理解し、意識することはトレードの基本である「負けないトレード」にとってはかなり大事な要素だと思います。

 五十音順 前後の格言

 機会は其の来るや処女の如く、去るや脱兎の如し

「処女の如く」とは警戒しながら、目立たないようにやってくると言う事だと思います。 チャンスは訪れるときは見つけにくくて…(続きを読む)

 機会は誰にでもやってくる。しかし、その機会を掴めるのは一握り

「チャンスは誰にでも均等に訪れているがそれをつかむことのできる人とそうでない人がいるだけだ」と言う考え方があります。 …(続きを読む)

 機会は短く、待つは長い

大きなチャンスはなかなか来ない上に、たまたま来たところでうかうかしているとすぐに消えてしまうと言う事でしょう。 日々の…(続きを読む)

 機会が人を見捨てるよりも、人が機会を見捨てる方がはるかに多い

チャンスを掴み損ねているのは受け手の側の責任だと言う事でしょう。 利益の機会は相場では同じように訪れているはずですが、…(続きを読む)

 奇貨居くべし

中国の「史記」に出てくる格言らしく、世間にとって珍しい物、貴重なものなら手に入れておけば、あとで大きな利益をあげる材料…(続きを読む)

 聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥

自分の無知を晒して他人に教えを乞う事は恥ずかしくて勇気もいることでしょうが、知ったかたぶりを生涯貫くとこでそこら中に蒔…(続きを読む)

 奇跡を願ってもよい。しかし、奇跡を頼ってはならない

大物相場師が大事にした投資や勝負にまつわる有名寺社と言うのが結構ありますが、まさにそう言う人たちが投資に成功したのは自…(続きを読む)

 気の落ち着かぬ時の商いは、十度が十度損なりと察すべき

迷いや焦り、自信喪失や疑いなどのマイナス感情が払拭できないような状態で行うトレードはまず、近いうちに破綻するものだと言…(続きを読む)

 木は天まで伸びず

限度のない成長や進捗はないと言う事でしょう。 木は伸びきって限度を迎えた後も枯れるまでの間はその状態を保つことが出来ま…(続きを読む)

 木は天までは育たない

中長期の投資では含み益が脹らんでいるとまだまだそれが伸びることを期待しているうちに見切り時をミスジャッジすることがあり…(続きを読む)

相場と投資関連の経済用語、金融用語の解説集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
相場の格言、ことわざ、金言、名言を収録した格言集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
投資関連の手法やそれに伴い用語を広く集めて解説してあります。
五十音の索引からも引ける形式にしてあります。
広告


 サイトからのお知らせ。
・12/01日 最新のお知らせや重要なサイトの更新は現在特にありません。

・このサイトはグーグルクロム(Google Chrome PC版)に最適化しています。

広告



TOP