実践相場格言717句

 憲法に両建なし

両建てとは売り買い両方のポジションを持つことで、儲かった分だけ損しているから実際にはこれは無意味なトレードです。
個人的見解ながら誤解を恐れずに言えば馬鹿げた手法としか言いようがありません。
それでも使いようがあるぞと言った話もネットでは見かけますが、どう考えても原理が理解していない人の発言としか思えません。
両建てしようとしたタイミングで、切ってしまえばその時点での結果は同じものを、わざわざ手数料を倍払って反対のポジションをつくるわけですからどんな憲法(基本的なしくみ)にもそうした考えはなじまないものだと思います。
但し、信用相場の仕手株の売り禁対策などの使い道もあるようですが、この場合は憲法ではなくて特殊なケースでのみ運用する法律で規定されていると言う事でしょう。

 五十音順 前後の格言

 けなり売り、けなり買い、なすべからず

八木(はちぼく)虎之巻と言う江戸時代の伝授書にある言葉だそうです。 「けなり」と言うのは他人を羨むことです。 「けなり買…(続きを読む)

 獣を追うもの、目に大山を見ず

目の前の獲物に気を取られすぎていると、獲物の置かれている状況も自分の置かれている状況も見えなくなるということでしょう。…(続きを読む)

 現在割安な銘柄か、将来の高成長を考慮すれば時価は割安になることが確実な銘柄だけを買え

「仕入れはとにかく安く買う」と言う事で「安く買って高く売る」と言うトレードの基本的なことを言っているのだと思います。 …(続きを読む)

 賢者は考えを変えるが、愚者はけっして変えない

理解力のある人は、自分の過ちや問題点の理解も早いのですが、理解力の鈍い人は問題の把握も過ちの反省もなかなかできないと言…(続きを読む)

 賢者は聞き、愚者は語る

情報の有益性は当然のことながらそれを一旦見聞しないと評価できません。 ところが、個人的な感情や生理的に趣味で受け入れる…(続きを読む)

 現象は知らせである

何かの現象が起きる時、それが何の理由もなく単独で突然起きることはまずありません。 大抵はいろんな事象が影響し合った結果…(続きを読む)

 幸運の女神がノックしたら、すぐにドアを開け

幸運と言うものは誰にもあるものだそうですが、自分に受け入れられる素養がないと知らず知らずに見過ごすことが多いと言います…(続きを読む)

 幸運の女神は前髪を掴め

これは営業の研修などでも良く使われる喩え話です。 福の神の後ろ頭は禿げているから前から掴まないと滑って掴めないと言うの…(続きを読む)

 後悔に二つあり

本間宗久の相場三昧伝の格言です。 一つは自分の意思と行動の結果として起きた失敗に対する後悔、そしてもう一つは何も決断で…(続きを読む)

 後悔に二つあり。早手仕舞いは笑うてしまう後悔なり。欲に迷い手仕舞い遅れるは心痛む後悔なり。

本間宗久の相場三昧伝の格言です。 「早手仕舞い」つまり判断を早まったエグジットは損益にかかわらず、自分の判断で行ったも…(続きを読む)

相場と投資関連の経済用語、金融用語の解説集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
相場の格言、ことわざ、金言、名言を収録した格言集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
投資関連の手法やそれに伴い用語を広く集めて解説してあります。
五十音の索引からも引ける形式にしてあります。
広告


 サイトからのお知らせ。
・09/25日 最新のお知らせや重要なサイトの更新は現在特にありません。

・このサイトはグーグルクロム(Google Chrome PC版)に最適化しています。

広告



TOP