実践相場格言717句

 けなり売り、けなり買い、なすべからず

八木(はちぼく)虎之巻と言う江戸時代の伝授書にある言葉だそうです。
「けなり」と言うのは他人を羨むことです。
「けなり買い」とか「けなり売り」と言うのは自分の利益や損失を他人のそれといちいち比較して自分の境遇に不満を持ちつつ行うトレードのことです。
他人のトレードやその結果を羨むことによって他人のトレードを否定するような気持ちが芽生えると、それは良いトレードをひとつ自分の心から遠ざけていることになるかもしれません。
他人のトレードがズルい事をしているから儲かっている、汚い手を使っているから儲かっている等と根拠もなく腹立ち紛れで思い込むことは、自分の心に利益への思いを否定する感情を育む事になるかもしれません。
そう言う気持ちが、トレードを通じてマイナスのメンタルを自分自身に繰り返し植え付けていると言う危うさに気付くべきではないかと言う意味だと思います。

 五十音順 前後の格言

 罫線張りは盲目張り

メクラ張りと言っているところを見るとこれはローソク足の足形だけを用いたようなトレードを戒めた格言ではないかと思います。…(続きを読む)

 罫線屋、罫線引き引き足をだし

手描きでチャートを作成していた時代に、トレーダーがチャートの作成の手間自体に気を取られすぎることがあり、チャートに注ぐ…(続きを読む)

 ケイ線を過信するな

ローソク足はかなり詳細な類型と、具体的な定義を持ちます。 また、ラインチャートなどのローソク以外のチャート分析も相場を…(続きを読む)

 激水の石を漂わすに至るは勢いなり

勢いはその強さによっては動くはずのないものも動かす力があると言う意味の「孫子の兵法」の一節で、元々の意味は勢いや瞬発力…(続きを読む)

 決して相場巧者となるな、まして場面巧者となるな

ここで言う「相場巧者」とは「器用」にトレードができる人と言う意味、「場面巧者」とは相場のアヤ(値動きの上下動)に対する…(続きを読む)

 獣を追うもの、目に大山を見ず

目の前の獲物に気を取られすぎていると、獲物の置かれている状況も自分の置かれている状況も見えなくなるということでしょう。…(続きを読む)

 現在割安な銘柄か、将来の高成長を考慮すれば時価は割安になることが確実な銘柄だけを買え

「仕入れはとにかく安く買う」と言う事で「安く買って高く売る」と言うトレードの基本的なことを言っているのだと思います。 …(続きを読む)

 賢者は考えを変えるが、愚者はけっして変えない

理解力のある人は、自分の過ちや問題点の理解も早いのですが、理解力の鈍い人は問題の把握も過ちの反省もなかなかできないと言…(続きを読む)

 賢者は聞き、愚者は語る

情報の有益性は当然のことながらそれを一旦見聞しないと評価できません。 ところが、個人的な感情や生理的に趣味で受け入れる…(続きを読む)

 憲法に両建なし

両建てとは売り買い両方のポジションを持つことで、儲かった分だけ損しているから実際にはこれは無意味なトレードです。 個人…(続きを読む)

相場と投資関連の経済用語、金融用語の解説集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
相場の格言、ことわざ、金言、名言を収録した格言集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
投資関連の手法やそれに伴い用語を広く集めて解説してあります。
五十音の索引からも引ける形式にしてあります。
広告


 サイトからのお知らせ。
・09/25日 最新のお知らせや重要なサイトの更新は現在特にありません。

・このサイトはグーグルクロム(Google Chrome PC版)に最適化しています。

広告



TOP