実践相場格言717句

 罫線屋、罫線引き引き足をだし

手描きでチャートを作成していた時代に、トレーダーがチャートの作成の手間自体に気を取られすぎることがあり、チャートに注ぐ気持ちの偏りからついトレードの方が疎かになってやがて「足を出す」つまり損失を生み出すと言う意味の格言のようです。
特に個別株を商うトレーダーの場合、一度に複数の銘柄のチャートをそれぞれ手間をかけて作成するのでその傾向が強かったようです。
パソコンでチャートを作成する場合でも自分が苦労して作った補助線などを含むチャートならどうしてもそのチャートを重視して他の重要な指標の参照や検証が疎かになると言ったことがあるかもしれません。
トレードに用いるデータや戦略はあまり偏ることなく、出来るだけ幅広く頭に入れて組み立てるべきだと言う事でしょう。

 五十音順 前後の格言

 罫線は相場師の杖である

明治時代の相場師「田附政次郎」の言ったことらしいのでここで言う罫線はローソク足だと思います。 相場はある意味群集心理の…(続きを読む)

 罫線は相場の杖

相場で勝つ方法は伝授できないそうです。 実際に知りうる限りでは如何なるケースでも過去にそれがちゃんと伝授された形跡はあ…(続きを読む)

 罫線は値幅見ずに日柄見よ

日柄とは前回の相場転換点からの日数のことですが、トレンドの転換はローソク数本の足形ばかりをチェックするのではなく、そこ…(続きを読む)

 罫線は見るものでなく、読むものである

チャートは参考資料として過去のチャンスを眺めたり、あるいは逆に過去のトレードを悔いる材料として眺めるものではなくて、次…(続きを読む)

 罫線張りは盲目張り

メクラ張りと言っているところを見るとこれはローソク足の足形だけを用いたようなトレードを戒めた格言ではないかと思います。…(続きを読む)

 ケイ線を過信するな

ローソク足はかなり詳細な類型と、具体的な定義を持ちます。 また、ラインチャートなどのローソク以外のチャート分析も相場を…(続きを読む)

 激水の石を漂わすに至るは勢いなり

勢いはその強さによっては動くはずのないものも動かす力があると言う意味の「孫子の兵法」の一節で、元々の意味は勢いや瞬発力…(続きを読む)

 決して相場巧者となるな、まして場面巧者となるな

ここで言う「相場巧者」とは「器用」にトレードができる人と言う意味、「場面巧者」とは相場のアヤ(値動きの上下動)に対する…(続きを読む)

 けなり売り、けなり買い、なすべからず

八木(はちぼく)虎之巻と言う江戸時代の伝授書にある言葉だそうです。 「けなり」と言うのは他人を羨むことです。 「けなり買…(続きを読む)

 獣を追うもの、目に大山を見ず

目の前の獲物に気を取られすぎていると、獲物の置かれている状況も自分の置かれている状況も見えなくなるということでしょう。…(続きを読む)

相場と投資関連の経済用語、金融用語の解説集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
相場の格言、ことわざ、金言、名言を収録した格言集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
投資関連の手法やそれに伴い用語を広く集めて解説してあります。
五十音の索引からも引ける形式にしてあります。
広告


 サイトからのお知らせ。
・12/01日 最新のお知らせや重要なサイトの更新は現在特にありません。

・このサイトはグーグルクロム(Google Chrome PC版)に最適化しています。

広告



TOP