実践相場格言717句

 株が高いときは最上に見え、安いときは最低に見える

株価が上がってくれば最も良い買いものに思え、逆に下がってくれば一番買いたくないものに見えると言うような意味です。
実際には商いは安い時に買って高い時に売ると言うのが原則ですが、自分の物差しに自信のない人はその原則すら忘れて市場の人気で買い時を判断すると言う事です。
ムードや人気に惑わされることなく、相場の実態を良く見極めたうえで、買ったものは売るのが目的、売ったものは買い戻すのが目的と言う利益優先の大前提に立った価値判断を行うべきだと言う意味だと思います。
そのために必要なのは「利益を得るために売買する」と言う気持ちをより強く持つことでしょう。

 五十音順 前後の格言

 金がない相場師は、翼のない鳥とおなじ

無計画な資金管理によっていつもいつも資金難に陥っているようなトレーダーのことを言っている格言だと思います。 ちゃんとし…(続きを読む)

 金のなる木は水では生きぬ、汗をやらねば枯れていく

「金のなる木」はトレード、「水」とはそのトレードとの最低限の関わり、「汗」とはトレードに手間暇をかけることです。 相場…(続きを読む)

 金は危ない所にある

お金を手に入れるには危険を伴うと言う意味ですが、安全な方法だけではお金は手に入れられないと言うのが真意だと思われます。…(続きを読む)

 株価が高いは七難隠す

「色の白いは七難隠す」と言う都々逸(ドドイツ)の文句にひっかけた格言だろうと思います。 都々逸の方は色の抜けるように白…(続きを読む)

 株価がファンダメンタルズ価値以上になっている銘柄には手を出すな

ファンダメンタルズはこの場合、投資価値と言う意味だと思います。 人気が出ると株価はえてして投資価値を上回ってしまうもの…(続きを読む)

 株価というものは、その基礎である会社の実体よりもずっと移り気なものである

株価にはその会社の財務状況や経営状況などの実体が反映されるのではなく、市場参加者の市場心理がより強く反映される傾向があ…(続きを読む)

 株価は群集心理の産物である

相場では勝者が一割、敗者は九割とよく言われますが、その論理に従えば群集心理とは一握りの勝者の利益のために踊らされている…(続きを読む)

 株価は頂上において強く見え、底で弱そうに見える

天井の株価はもうそれ以上の価値を生むことはないわけですが、天井まで登っているその高揚感は価値をより高いものに見せるもの…(続きを読む)

 株価は常に将来性の反映である

株式に投資する人は現在の業績はもちろん織り込みますが、たいていは企業の将来性などを見通して投資対象を選んでいます。 そ…(続きを読む)

 株価はもとの古巣にかえる

株価には市場心理が大きく反映されています。 そのため実際の価値から乖離した値動きをすることも良くあります。 その乖離は過…(続きを読む)

相場と投資関連の経済用語、金融用語の解説集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
相場の格言、ことわざ、金言、名言を収録した格言集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
投資関連の手法やそれに伴い用語を広く集めて解説してあります。
五十音の索引からも引ける形式にしてあります。
広告


 サイトからのお知らせ。
・12/01日 最新のお知らせや重要なサイトの更新は現在特にありません。

・このサイトはグーグルクロム(Google Chrome PC版)に最適化しています。

広告



TOP