実践相場格言717句

 必ずしも市場にいる必要はない

ウォール街の格言のようです。
何らかの理由でしばらく投資を中断して再びトレードを始めた経験のある人ならわかると思いますが、どんなにブランクがあっても相場自体は相変わらず日々値動きを続けていて、戻ってきた相場にはチャンスもあれば、トレードに適さない相場もあり、また場合によっては危険な場面もあって、値動きは淡々と続いています。
厳密に言えば一定期間前に比べて様相が変わっていて、前回に比べてチャンスのフィーリングが違うと言ったことはあるかもしれませんが、原則としては同じように相場は動いています。
なのに、何故かトレードを再開してみると目の前のたった一つのチャンスに拘ったり、あるいはずっと相場を見張っていないとチャンスを逃すような強迫観念が襲ってくるものです。
多分これは景気の良いトレーダーの噂などを意識するようになると強まる傾向があるのかも知れません。
しかし、そうした話と自分のトレードを比較してなんとかチャンスを逃すまいと市場に執着することで自分のスタイルを崩してトレードが行き詰まってしまうこともあります。
つまり、目の前の相場にこだわりすぎるとスタイルを崩したり、トレンドに行き詰まったりするものです。
そうしたスランプを避けるためにも精神的な理由、資金的な理由、手法的な必要性からトレードを休んだり、思い切って相場を離れてみる必要があれば、市場を離れることは大事な充電になるかもしれません。

 五十音順 前後の格言

 勝ちは六分をもってよしとす

上手く思惑が当たって利食いが出来たとしても、大抵の場合その利食いした価格より更に思惑側に値を伸ばして終わるものですから…(続きを読む)

 勝ちは四分をもって善しとす

トレード結果としてのチャートの振幅を見ていると、自分の得られた利益が(その結果としての想定益に比べて)極めて僅かなもの…(続きを読む)

 勝ち易きに勝つ

これは孫子の兵法の「善く戦う者は、勝ち易きに勝つ者なり」の一節だと思います。 一言で言えば良い軍師や将軍は勝てる戦いしか…(続きを読む)

 勝つことのみ知りて負くることを知らざれば、害その身に至る

相場は上がったり下がったりし、また、投資は勝ったり負けたりするものです。 つまりトレード結果の多くを占める「負け」への…(続きを読む)

 勝った自慢は負けての後悔

トレードはコンテストではないので何も勝率や利益の大きさを自慢する必要はないのですが、トレードの本質が理解できるようにな…(続きを読む)

 金がない相場師は、翼のない鳥とおなじ

無計画な資金管理によっていつもいつも資金難に陥っているようなトレーダーのことを言っている格言だと思います。 ちゃんとし…(続きを読む)

 金のなる木は水では生きぬ、汗をやらねば枯れていく

「金のなる木」はトレード、「水」とはそのトレードとの最低限の関わり、「汗」とはトレードに手間暇をかけることです。 相場…(続きを読む)

 金は危ない所にある

お金を手に入れるには危険を伴うと言う意味ですが、安全な方法だけではお金は手に入れられないと言うのが真意だと思われます。…(続きを読む)

 株価が高いは七難隠す

「色の白いは七難隠す」と言う都々逸(ドドイツ)の文句にひっかけた格言だろうと思います。 都々逸の方は色の抜けるように白…(続きを読む)

 株価がファンダメンタルズ価値以上になっている銘柄には手を出すな

ファンダメンタルズはこの場合、投資価値と言う意味だと思います。 人気が出ると株価はえてして投資価値を上回ってしまうもの…(続きを読む)

相場と投資関連の経済用語、金融用語の解説集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
相場の格言、ことわざ、金言、名言を収録した格言集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
投資関連の手法やそれに伴い用語を広く集めて解説してあります。
五十音の索引からも引ける形式にしてあります。
広告


 サイトからのお知らせ。
・09/18日 最新のお知らせや重要なサイトの更新は現在特にありません。

・このサイトはグーグルクロム(Google Chrome PC版)に最適化しています。

広告



TOP