実践相場格言717句

 勝ちは六分をもってよしとす

上手く思惑が当たって利食いが出来たとしても、大抵の場合その利食いした価格より更に思惑側に値を伸ばして終わるものですから、その伸ばした値動きの取り損ねた利益に未練が残るものです。
こういう事が度重なると、自分で戦略として設定する利食い値や損切値が甘くなったり、場合によってはその設定したルールを度々無視したりするようになりがちです。
もちろんそうなるともはやトレードとは呼べないような状況になっていることも多く、おっつけ自分らしいトレードスタイルは維持できなくなって、投資人生が崩れてゆくことになります。
しかし、実際には結果として後から探れる利幅に対して自分の得られる利幅と言うのは通常自分自身の実力や経験で対応できる幅です。
つまり利食いや損切で実力以上の深追いは危ないということです。
後から見たらこれだけは得られたと考えられる利益の三割の利益であっても、長い目で見ればそれが自分自身の追求可能な適正値であると言うのがトレードです。
自分以上の相当な実力の持ち主であってもそれは同様で、そう言うトレーダーであろうとも想定マックス利益の六割も得られれば上出来の部類に入ると言う現実を受け入れ、それを肝に銘じてトレードを行うべきだと言う事だと思います。

 五十音順 前後の格言

 買うべし買うべからず

今が買い時だと言うような情報が流れてきたときは、逆に買い控えるべきだ、と言う格言です。 人に無料で儲け話をまるまる教え…(続きを読む)

 蚊が止まっても崩れる

天井付近の過熱状態は僅かなファクターが加われば崩れると言う事でしょう。 逆に言えばそこまで状況が煮詰まってくると、もう…(続きを読む)

 風が吹けば桶屋が儲かる

原因と結果の因果関係はわかり易い単純なものばかりではないと言う意味だと思います。 世の中ではそうした因果関係は複雑に組…(続きを読む)

 勝たんと打つべからず、負けじと打つべし

これはトレードの基本です。 トレードを安定させるためには勝つための戦略より、負けないための戦略が重要です。 負けないため…(続きを読む)

 勝ちに誇らず利入れ場は完全に

ここで言う「勝ち」とは含み益の状態のことです。 目標の含み益に達した時、その高揚感も手伝ってここまで行けたのだからまだ…(続きを読む)

 勝ちは四分をもって善しとす

トレード結果としてのチャートの振幅を見ていると、自分の得られた利益が(その結果としての想定益に比べて)極めて僅かなもの…(続きを読む)

 勝ち易きに勝つ

これは孫子の兵法の「善く戦う者は、勝ち易きに勝つ者なり」の一節だと思います。 一言で言えば良い軍師や将軍は勝てる戦いしか…(続きを読む)

 勝つことのみ知りて負くることを知らざれば、害その身に至る

相場は上がったり下がったりし、また、投資は勝ったり負けたりするものです。 つまりトレード結果の多くを占める「負け」への…(続きを読む)

 勝った自慢は負けての後悔

トレードはコンテストではないので何も勝率や利益の大きさを自慢する必要はないのですが、トレードの本質が理解できるようにな…(続きを読む)

 必ずしも市場にいる必要はない

ウォール街の格言のようです。 何らかの理由でしばらく投資を中断して再びトレードを始めた経験のある人ならわかると思います…(続きを読む)

相場と投資関連の経済用語、金融用語の解説集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
相場の格言、ことわざ、金言、名言を収録した格言集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
投資関連の手法やそれに伴い用語を広く集めて解説してあります。
五十音の索引からも引ける形式にしてあります。
広告


 サイトからのお知らせ。
・11/25日 最新のお知らせや重要なサイトの更新は現在特にありません。

・このサイトはグーグルクロム(Google Chrome PC版)に最適化しています。

広告



TOP