実践相場格言717句

 勝ちに誇らず利入れ場は完全に

ここで言う「勝ち」とは含み益の状態のことです。
目標の含み益に達した時、その高揚感も手伝ってここまで行けたのだからまだ利乗せ出来るかもしれないと言う気持ちになりがちなものですが、それがここで言う「勝ちに誇る」と言う状態です。
こういう気持ちになった時にそれを抑えるのは難しいことです。
あえてその欲得を抑えて元々建てたルール通りに仕舞ったとしても、結果としてその後に仕舞ったトレードが更に相当の利益を上げられたような相場が展開すると、目標の利食いができたにもかかわらず、絵に描いた餅のような損失を悔やむ気持ちが尾を引いたりします。
「利入れ場は完全に」とはそうした悔いの心境を一切排除して確実な利食い損切りをできるような心持ちで利食いを行うべきだと言う事でしょう。
長い目で見ればルールを守ったトレードの方が、目先の利益を追うような思い付きのトレードよりはるかに有利で安定した結果が得られると言う事を理解することも重要です。

 五十音順 前後の格言

 買う人には100の目が必要だが、売る人は1つの目があれば十分だ

仕掛けにはトレンドのベクトルや現在の水準、その後の値動きの想定、タイミング等々多くの判断を要すので、思い付きを排除して…(続きを読む)

 買うべし買うべからず

今が買い時だと言うような情報が流れてきたときは、逆に買い控えるべきだ、と言う格言です。 人に無料で儲け話をまるまる教え…(続きを読む)

 蚊が止まっても崩れる

天井付近の過熱状態は僅かなファクターが加われば崩れると言う事でしょう。 逆に言えばそこまで状況が煮詰まってくると、もう…(続きを読む)

 風が吹けば桶屋が儲かる

原因と結果の因果関係はわかり易い単純なものばかりではないと言う意味だと思います。 世の中ではそうした因果関係は複雑に組…(続きを読む)

 勝たんと打つべからず、負けじと打つべし

これはトレードの基本です。 トレードを安定させるためには勝つための戦略より、負けないための戦略が重要です。 負けないため…(続きを読む)

 勝ちは六分をもってよしとす

上手く思惑が当たって利食いが出来たとしても、大抵の場合その利食いした価格より更に思惑側に値を伸ばして終わるものですから…(続きを読む)

 勝ちは四分をもって善しとす

トレード結果としてのチャートの振幅を見ていると、自分の得られた利益が(その結果としての想定益に比べて)極めて僅かなもの…(続きを読む)

 勝ち易きに勝つ

これは孫子の兵法の「善く戦う者は、勝ち易きに勝つ者なり」の一節だと思います。 一言で言えば良い軍師や将軍は勝てる戦いしか…(続きを読む)

 勝つことのみ知りて負くることを知らざれば、害その身に至る

相場は上がったり下がったりし、また、投資は勝ったり負けたりするものです。 つまりトレード結果の多くを占める「負け」への…(続きを読む)

 勝った自慢は負けての後悔

トレードはコンテストではないので何も勝率や利益の大きさを自慢する必要はないのですが、トレードの本質が理解できるようにな…(続きを読む)

相場と投資関連の経済用語、金融用語の解説集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
相場の格言、ことわざ、金言、名言を収録した格言集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
投資関連の手法やそれに伴い用語を広く集めて解説してあります。
五十音の索引からも引ける形式にしてあります。
広告


 サイトからのお知らせ。
・10/28日 最新のお知らせや重要なサイトの更新は現在特にありません。

・このサイトはグーグルクロム(Google Chrome PC版)に最適化しています。

広告



TOP