実践相場格言717句

 買うべし買うべからず

今が買い時だと言うような情報が流れてきたときは、逆に買い控えるべきだ、と言う格言です。
人に無料で儲け話をまるまる教えてくれるような人はまずいないので、そうした調子の良い情報が流れだしたら、そこには何かの意図や思惑があって、当然ながらその餌食を釣ろうとして待ち受けている可能性もあるわけです。
また、そうした意図が明確にない場合でも、そのような情報が流れてくるときには既に買い場は終焉に近づいている可能性が高いかもしれません。
未確認情報や、そうした情報を根拠にしていると思われる相場のムードには安易に乗って踊らされないようにと言う事でしょう。

 五十音順 前後の格言

 買いは安い日・安い時に限り、売りは高い日・高い時に限る

売り買いは相場のピーク・ボトムで行うのが理想だと言う意味ではないかと思います。 チャンスを探るにはトレンドの転換や小振…(続きを読む)

 買いの迷いは見送り、売りの迷いは即刻売り

仕掛けで迷ったら見送るべきだ、仕舞いで迷ったら躊躇なく返済注文を出すべきだと言う事でしょう。 確信の持てない仕掛けはそ…(続きを読む)

 買い落城の安峠、売り落城の高峠

買いポジションを建てているトレーダーがギブアップしたところが、ボトムであり、逆に売りポジションを建てているトレーダーが…(続きを読む)

 買うのと買わされるのとは別物である

昔学生アルバイトのセールスマンを使って事業所に地図を売ると言う商売がありましたが、苦学生が売りに来ると言うシチュエーシ…(続きを読む)

 買う人には100の目が必要だが、売る人は1つの目があれば十分だ

仕掛けにはトレンドのベクトルや現在の水準、その後の値動きの想定、タイミング等々多くの判断を要すので、思い付きを排除して…(続きを読む)

 蚊が止まっても崩れる

天井付近の過熱状態は僅かなファクターが加われば崩れると言う事でしょう。 逆に言えばそこまで状況が煮詰まってくると、もう…(続きを読む)

 風が吹けば桶屋が儲かる

原因と結果の因果関係はわかり易い単純なものばかりではないと言う意味だと思います。 世の中ではそうした因果関係は複雑に組…(続きを読む)

 勝たんと打つべからず、負けじと打つべし

これはトレードの基本です。 トレードを安定させるためには勝つための戦略より、負けないための戦略が重要です。 負けないため…(続きを読む)

 勝ちに誇らず利入れ場は完全に

ここで言う「勝ち」とは含み益の状態のことです。 目標の含み益に達した時、その高揚感も手伝ってここまで行けたのだからまだ…(続きを読む)

 勝ちは六分をもってよしとす

上手く思惑が当たって利食いが出来たとしても、大抵の場合その利食いした価格より更に思惑側に値を伸ばして終わるものですから…(続きを読む)

相場と投資関連の経済用語、金融用語の解説集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
相場の格言、ことわざ、金言、名言を収録した格言集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
投資関連の手法やそれに伴い用語を広く集めて解説してあります。
五十音の索引からも引ける形式にしてあります。
広告


 サイトからのお知らせ。
・10/25日 最新のお知らせや重要なサイトの更新は現在特にありません。

・このサイトはグーグルクロム(Google Chrome PC版)に最適化しています。

広告



TOP