実践相場格言717句

 買い二分に売り八分

買いは仕掛け、売りは仕舞いの事ではないかと思います。
トレードでは「上昇するか」「下落するか」と言う予想がまず重要なので、それが最も重要なことであるかのような考えが先に立ちがちです。
そのため上昇か下落かを計る仕掛けに比重を置かれがちです。
しかしトレードにおいての仕掛けと仕舞は常にワンセットで成立するものであり、仕舞いの際の戦略やメンタルも仕掛けに引けを取らないくらい重要なものです。
この格言はその重要なものである「仕舞い」を疎かにしがちな心情を戒めたものでしょう。 つまり、疎かにするマイナスの意識分を加算した三分の下駄をはかせて八分とすることで、二番手三番手として扱われがちな「仕舞い」の重要性をあえて強調しているのではないかと思います。

 五十音順 前後の格言

 買いたいと心がはやり立つ時は二日待つべし

「心がはやり立つ」とは理性で抑えきれないような感情、衝動の事でしょう。 つまり「このチャンスを逃したくない」、「これを…(続きを読む)

 買いたい銘柄が無くなったら売れ

これは割安で買い割高で売ると言う商売の基本の事を言っているのだと思います。 つまり、買いたい銘柄とは「割安」な銘柄であ…(続きを読む)

 買い玉の引かれた時は意地はるな、戻りは少なく深手を負うなり

「買い玉の引かれた時」とは買いポジションが含み損を抱えている状態です。 つまり、建玉の思惑と反対方向に相場が動き出した…(続きを読む)

 買い難平決してせざるものなり

本間宗久の「宗久翁秘録」に由来する格言です。 「宗久翁秘録」では「不利運の時、売平均(うりならし=売りのナンピン)、買平均…(続きを読む)

 買いにくい相場は高い。買いやすい相場は安い

不利なポジションは手に入れやすく、有利なポジションは手に入れにくいと言う事で、狙っている値段が簡単にポジションとして取…(続きを読む)

 買いは三日待て、売りは売ってから考えろ

上昇と下落では下落は足が速く、上昇は比較的探りながら進むので、それを言っているのかも知れませんが、格言の可能性としては…(続きを読む)

 買いは安い日・安い時に限り、売りは高い日・高い時に限る

売り買いは相場のピーク・ボトムで行うのが理想だと言う意味ではないかと思います。 チャンスを探るにはトレンドの転換や小振…(続きを読む)

 買いの迷いは見送り、売りの迷いは即刻売り

仕掛けで迷ったら見送るべきだ、仕舞いで迷ったら躊躇なく返済注文を出すべきだと言う事でしょう。 確信の持てない仕掛けはそ…(続きを読む)

 買い落城の安峠、売り落城の高峠

買いポジションを建てているトレーダーがギブアップしたところが、ボトムであり、逆に売りポジションを建てているトレーダーが…(続きを読む)

 買うのと買わされるのとは別物である

昔学生アルバイトのセールスマンを使って事業所に地図を売ると言う商売がありましたが、苦学生が売りに来ると言うシチュエーシ…(続きを読む)

相場と投資関連の経済用語、金融用語の解説集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
相場の格言、ことわざ、金言、名言を収録した格言集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
投資関連の手法やそれに伴い用語を広く集めて解説してあります。
五十音の索引からも引ける形式にしてあります。
広告


 サイトからのお知らせ。
・09/25日 最新のお知らせや重要なサイトの更新は現在特にありません。

・このサイトはグーグルクロム(Google Chrome PC版)に最適化しています。

広告



TOP