実践相場格言717句

 ブルは時々儲ける。ベアも時々儲ける。だが、ホッグだけは儲からない。

ブルは牛が角を突き上げる有様(さま)で上昇相場、ベアは熊が熊手を上から振り下ろして襲いかかる有様(さま)で下落相場、これらはどちらも相場用語です。
つまり投資の対象となり得る状況です。
ところでホッグは豚のことで、これは投資の用語ではなくたぶんタダのスラングで欲張りのことです。
語呂合わせて気に入っているのでしょうが、相場では欲張っては破綻すると言うことのようです。

 五十音順 前後の格言

 ふところに、金をたやさぬ覚悟せよ、金は米釣る餌と知るべし

釣りの餌は付け替える度に確実に減って行きますから残りの状況は把握しやすいし、そう言うものだから餌の準備も比較的意図し管…(続きを読む)

 踏み上げは売り

踏み上げとは信用相場の上昇場面で売り玉を持つ人が次々に「損失覚悟の買戻し」をしだすとそれによって株価が上がってゆく状況…(続きを読む)

 踏み出し第一

踏み出し(仕掛け)が結果の成否を左右すると言う意味です。 機関投資家はVWAPを基準に注文を入れると出資者への言い訳が立つ…(続きを読む)

 冬来たりなば春遠からじ

底を打った相場に身を置いていると、暗い気持ちや周囲の暗い雰囲気の中で何とか利益を出さなければと焦りも生まれるものです。…(続きを読む)

 不利運の時、見切り大事なり

運がないと感じたら相場との相性や自分自身のバイオリズムなどいろんなマズイことが重なっているはずです。 そういう時に無理…(続きを読む)

 ブルとベアは稼げるが、豚は屠殺される

先物や信用相場では買いのエントリーチャンスがあるのと同様に売りにもエントリーチャンスがあります。 ブル相場もベア相場も…(続きを読む)

 踏んだらしまい、投げたらしまい

「投げ売り」と言いますが、買いの精算が「投げ」です。 「踏む」とは同様に売り清算の事です。 市場に見切りの利食いや損切り…(続きを読む)

 分別過ぐれば、大事の合戦は成し難し

「石橋を叩いて壊す」と言う使い古された文句がありますが、まさにそのことかもしれません。 お利口さんの戦略にこだわりすぎ…(続きを読む)

 分別も思案もいらぬ買い旬は人の捨てたる米崩れなり

相場が崩れた後の買い場は判断をする必要もないようなチャンスだと言う意味でしょう。 相場が崩れるときのヒートアップは絶望…(続きを読む)

 下手なナンピン怪我のもと

含み損を追加の注文でカバーしようとする手法をナンピンと言うのですが、下手なナンピンとは損失に焦った状態で思い付きでする…(続きを読む)

相場と投資関連の経済用語、金融用語の解説集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
相場の格言、ことわざ、金言、名言を収録した格言集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
投資関連の手法やそれに伴い用語を広く集めて解説してあります。
五十音の索引からも引ける形式にしてあります。
広告


 サイトからのお知らせ。
・10/23日 最新のお知らせや重要なサイトの更新は現在特にありません。

・このサイトはグーグルクロム(Google Chrome PC版)に最適化しています。

広告



TOP