実践相場格言717句

 ふところに、金をたやさぬ覚悟せよ、金は米釣る餌と知るべし

釣りの餌は付け替える度に確実に減って行きますから残りの状況は把握しやすいし、そう言うものだから餌の準備も比較的意図し管理しやすいものでしょう。
しかし、相場の釣り餌である資金は、餌と獲物を兼ねているのでその境界はあいまいになりがちです。
餌が少なくなってくればどうしても「それは相場から現地調達するのものだ」と言う気持ちになりがちです。
投資における資金管理も正しくは餌箱と魚籠を分けて管理すると言うことでしょうから、トレード毎にここはそれぞれのフローを明確に把握できるようにしておかなければならないと思います。

 五十音順 前後の格言

 不時に向え

最近はアルゴリズム取引などで価格が急に変な動きをして、しばらくすると何事もなかったような値動きに戻ると言うような光景を…(続きを読む)

 不時の長くこたゆることなし、必ず驚くべからず

おぼれかけた経験があればわかると思いますが、恐怖からパニック状態になると人は無駄に暴れて水を飲んだりエネルギーを消費し…(続きを読む)

 普通のトレーダーは、ウォール街に来ると多くの人に相場観を聞きたがる。しかし、大半は尋ねている本人より知識はない。

今の取引はコンピュータ相手ですが、昔は取引所で直接行っていたため、ウォール街では日々参加者同士が顔を合わせたものと思わ…(続きを読む)

 二日新甫は荒れる

不思議な格言ですが、月の一日が休場で二日から開く相場は荒れるそうです。 新甫と言うのは正米市場(商品現物市場)の新たに…(続きを読む)

 不手合いで金が減ったと悔やむなよ、預けてあると思や済むなり

よくパチンコに負けた時にパチンコ屋には金を預けてあるだけだという人がいますが、授業料を払ったと言う了見なら有りと言う気…(続きを読む)

 踏み上げは売り

踏み上げとは信用相場の上昇場面で売り玉を持つ人が次々に「損失覚悟の買戻し」をしだすとそれによって株価が上がってゆく状況…(続きを読む)

 踏み出し第一

踏み出し(仕掛け)が結果の成否を左右すると言う意味です。 機関投資家はVWAPを基準に注文を入れると出資者への言い訳が立つ…(続きを読む)

 冬来たりなば春遠からじ

底を打った相場に身を置いていると、暗い気持ちや周囲の暗い雰囲気の中で何とか利益を出さなければと焦りも生まれるものです。…(続きを読む)

 不利運の時、見切り大事なり

運がないと感じたら相場との相性や自分自身のバイオリズムなどいろんなマズイことが重なっているはずです。 そういう時に無理…(続きを読む)

 ブルは時々儲ける。ベアも時々儲ける。だが、ホッグだけは儲からない。

ブルは牛が角を突き上げる有様(さま)で上昇相場、ベアは熊が熊手を上から振り下ろして襲いかかる有様(さま)で下落相場、こ…(続きを読む)

相場と投資関連の経済用語、金融用語の解説集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
相場の格言、ことわざ、金言、名言を収録した格言集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
投資関連の手法やそれに伴い用語を広く集めて解説してあります。
五十音の索引からも引ける形式にしてあります。
広告


 サイトからのお知らせ。
・10/23日 最新のお知らせや重要なサイトの更新は現在特にありません。

・このサイトはグーグルクロム(Google Chrome PC版)に最適化しています。

広告



TOP