実践相場格言717句

 誉められる仕手は全盛の極みなり、人より先に提灯を消せ

「仕手」とはあえて低位株やボロ株に意図的に資金を入れて株価操作を行い、その結果人為的に利益を生み出すと言う非合法なトレード手法です。
「提灯」とは仕手の主催者以外の投資家がその仕手に気付いてこれに便乗しようとするトレード手法です。
仕手にうまく乗ればハイリターンが期待できます。
但し、失敗するとかなりのハイリスクを負う羽目になります。
「褒められる仕手」とは仕手筋がうまい具合に仕手を仕掛けたようだから、ぶら下がってみようかと言った情報もしくは雰囲気が市場にながれだしたような状況ではないかと想像しています。
そう言う情報が流れるようになるころには仕手筋は「提灯の振るい落とし」と言う利益確定の段階に入るので、提灯にぶら下がった投資家もそれ以上玉を持つのは危ないと言う事になります。
仕手が始まると仕手筋はもともと人気のない株に自らの利益分を負担してくれる投資家を集める必要があってこれを広めようとするため、見知らぬ銘柄がネットなどで話題になるものです。
こういうものに引っかかったり、技量もなしで提灯にぶら下がったりしないために、仕手の手口については日頃から機会があるごとに頭に入れておく必要があると思います。

 五十音順 前後の格言

 下手に出て黄金を得るが上手なり、相場上手に大儲けなし

「相場上手」とは生まれながらの要領のよさで器用なトレードをする人の事ではないかと思います。 「下手に出る」とは失敗や試…(続きを読む)

 棒上げは棒下げにつながる

一本調子で上げた相場は一本調子で下げてゆきやすいものだと言うことでしょう。 普通相場は値動きごとに思惑や様子見などの市…(続きを読む)

 豊作に売りなし、凶作に買いなし

豊作とわかったときには既に価格は安く、凶作ならわかったときには既に価格は上がっています。 つまりそれぞれ売りにくい状況…(続きを読む)

 誇りは破れの因

自慢のネタが有り余るほどあれば、いちいちそれを自慢してみるのもめんどくさいものだと思いますが、そのネタが希少であればそ…(続きを読む)

 仏の顔、閻魔の顔も三四度

仏の顔も三度までと言うのは優しくして貰えるのも限度があると言うような意味だと思いますが、ここで言う仏の顔は「好材料」、…(続きを読む)

 舞坂三里、乗るも馬鹿、乗らぬも馬鹿

舞坂はかつて浜名湖沿いの景勝地として知られた土地ですが、舞坂三里と呼ばれた街道は足元が悪い道としても知られていたようで…(続きを読む)

 蒔かぬ種は生えぬ

シミュレーター(デモトレード)で練習ばかりしていても、果実(金銭的なものも経験や技量と言ったものも)が得られることはあ…(続きを読む)

 曲がり屋に向かえ

「曲がり屋」とは相場で失敗を繰り返す人の事です。 現代の相場で失敗ばかりする人の逆を張れば儲かるような単純な話は多分あ…(続きを読む)

 マグレ当りにて儲けし金は他人の金を預かったと同じ

チャンスを逃さないと言う事はただ掴むと言う事にとどまらず、それを自分のものとして定着できるかどうかが重要です。 せっか…(続きを読む)

 負けた相場を知っている者こそ価値がある。何故ならば次回はそれを教訓とするから

負けを価値とし「次回からそれを教訓とする」とありますが、次回に活かすためには根本原因かもしれない自分の姿勢も理解してお…(続きを読む)

相場と投資関連の経済用語、金融用語の解説集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
相場の格言、ことわざ、金言、名言を収録した格言集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
投資関連の手法やそれに伴い用語を広く集めて解説してあります。
五十音の索引からも引ける形式にしてあります。
広告


 サイトからのお知らせ。
・10/23日 最新のお知らせや重要なサイトの更新は現在特にありません。

・このサイトはグーグルクロム(Google Chrome PC版)に最適化しています。

広告



TOP