実践相場格言717句

 棒上げは棒下げにつながる

一本調子で上げた相場は一本調子で下げてゆきやすいものだと言うことでしょう。
普通相場は値動きごとに思惑や様子見などの市場心理がぶつかり合って行きつ戻りつしながら進捗してゆくものです。
そう考えると一本調子と言うのはそれ自体になんらかの市場のブームが起きていて、それで動いているような状態とも見て取れます。
もしそうならそれが覚めた時の回帰意欲はその相場を淡白に元に戻すと考えられます。

 五十音順 前後の格言

 踏んだらしまい、投げたらしまい

「投げ売り」と言いますが、買いの精算が「投げ」です。 「踏む」とは同様に売り清算の事です。 市場に見切りの利食いや損切り…(続きを読む)

 分別過ぐれば、大事の合戦は成し難し

「石橋を叩いて壊す」と言う使い古された文句がありますが、まさにそのことかもしれません。 お利口さんの戦略にこだわりすぎ…(続きを読む)

 分別も思案もいらぬ買い旬は人の捨てたる米崩れなり

相場が崩れた後の買い場は判断をする必要もないようなチャンスだと言う意味でしょう。 相場が崩れるときのヒートアップは絶望…(続きを読む)

 下手なナンピン怪我のもと

含み損を追加の注文でカバーしようとする手法をナンピンと言うのですが、下手なナンピンとは損失に焦った状態で思い付きでする…(続きを読む)

 下手に出て黄金を得るが上手なり、相場上手に大儲けなし

「相場上手」とは生まれながらの要領のよさで器用なトレードをする人の事ではないかと思います。 「下手に出る」とは失敗や試…(続きを読む)

 豊作に売りなし、凶作に買いなし

豊作とわかったときには既に価格は安く、凶作ならわかったときには既に価格は上がっています。 つまりそれぞれ売りにくい状況…(続きを読む)

 誇りは破れの因

自慢のネタが有り余るほどあれば、いちいちそれを自慢してみるのもめんどくさいものだと思いますが、そのネタが希少であればそ…(続きを読む)

 仏の顔、閻魔の顔も三四度

仏の顔も三度までと言うのは優しくして貰えるのも限度があると言うような意味だと思いますが、ここで言う仏の顔は「好材料」、…(続きを読む)

 誉められる仕手は全盛の極みなり、人より先に提灯を消せ

「仕手」とはあえて低位株やボロ株に意図的に資金を入れて株価操作を行い、その結果人為的に利益を生み出すと言う非合法なトレ…(続きを読む)

 舞坂三里、乗るも馬鹿、乗らぬも馬鹿

舞坂はかつて浜名湖沿いの景勝地として知られた土地ですが、舞坂三里と呼ばれた街道は足元が悪い道としても知られていたようで…(続きを読む)

相場と投資関連の経済用語、金融用語の解説集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
相場の格言、ことわざ、金言、名言を収録した格言集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
投資関連の手法やそれに伴い用語を広く集めて解説してあります。
五十音の索引からも引ける形式にしてあります。
広告


 サイトからのお知らせ。
・11/25日 最新のお知らせや重要なサイトの更新は現在特にありません。

・このサイトはグーグルクロム(Google Chrome PC版)に最適化しています。

広告



TOP