実践相場格言717句

 人の行く裏に道あり花の山

皆が同じ方向に注目しているからと言ってそれが正しいと言う保証はありません。
誰がトランプが本当に大統領になれると思っていたでしょうか。
多数派はトランプが当選するわけがないと思っていたし、多くの人が彼が当選したら連邦政府・合衆国、あるいは共和党は破綻するだろうと思っていました。
しかし、過去の大統領と比べて彼が特に劣っているとも言い切れない雰囲気ですし、それどころかアメリカのいくつかの衰退については救世主の様相すら見せています。
皆の合意が正しい、皆の心配が本当の心配、等とは言い切れないのです。
人間である限り多数派と言えども見落としや思いこみの数は枚挙にいとまがないものです。
多数派の見立ての影響を受けると、たいてい物事を見る目にフィルターがかかります。
そのフィルターとは、多角的な見方や見落としのチェックなどをおろそかにしたり、独自のひらめきなどを封殺しかねないものです。

 五十音順 前後の格言

 引かれ難平は素寒貧に連なる

損切で損失を確定したくないと言う気持ちからナンピンをおこなうとヤバいよということです。 ナンピンはポピュラーな手法なが…(続きを読む)

 人が売る時に買い、人が買う時に売れ

人(皆)がトレンドに乗って売りだしたり、買いだしたりしたときにはだいたいトレンドは終わりに近づいているから、逆張りや反…(続きを読む)

 人がチャンスを見逃す

寅さんはたまにマドンナから意思表示をされることがありますが、まず気づきません。 チャンスを見逃すとはそういう事です。 マ…(続きを読む)

 一つ目のボタンを間違えば、三つ目のボタンが合わぬ

ミスには原因があると言う意味だと思います。 仕掛けのタイミングにせよ銘柄選びにせよ、始めに見落としや判断ミスがあれば後…(続きを読む)

 人の商いを羨むべからず

自分のトレードの利益を他人のそれと比較していては、いつまでも気持ちが落ち着くことはありません。 もし自分が他人より劣っ…(続きを読む)

 人の噂も七十五日、株の人気はそれより短い

株の人気は一たび火がつくとフィーバーすることがあります。 株の投資家は良さそうな株を日頃から虎視眈々と探っているので、…(続きを読む)

 人は転ぶと、まず石のせいにする。石がなければ、坂のせいにする。そして、坂がなければ、靴のせいにする。人は、なかなか自分のせいにはしない。

本当に道が悪ければ自分のせいだけで転んだとも言えず、石のせいや坂のせいも当然あります。 靴が悪いこともあります。 しかし…(続きを読む)

 人々西に走らば、我は東に向かう時は極めて利運なり

利運とはチャンスの事です。 ここで言う西は西方浄土、幸福の国、つまり利益を求めて買いに走る状態です。 東とは安楽な国の反…(続きを読む)

 人も我もで相場は天底をつける

価格が限界を超えてくるとそれは危ないと思うのが自然でしょうが、実際にはまだまだいけると言う気がしたり、もっと深刻な状況…(続きを読む)

 日計り商いするべからず

これは本間宗久の言葉であるらしく、デイトレードはするものではないと言っています。 堂島米会所の取引手数料体系については…(続きを読む)

相場と投資関連の経済用語、金融用語の解説集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
相場の格言、ことわざ、金言、名言を収録した格言集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
投資関連の手法やそれに伴い用語を広く集めて解説してあります。
五十音の索引からも引ける形式にしてあります。
広告


 サイトからのお知らせ。
・09/24日 最新のお知らせや重要なサイトの更新は現在特にありません。

・このサイトはグーグルクロム(Google Chrome PC版)に最適化しています。

広告



TOP