実践相場格言717句

 一つ目のボタンを間違えば、三つ目のボタンが合わぬ

ミスには原因があると言う意味だと思います。
仕掛けのタイミングにせよ銘柄選びにせよ、始めに見落としや判断ミスがあれば後々までどうにもできずに尾を引入てしまう場合があります。
ボタンなら最初のボタンからやり直さなければ、間違ったところから後の分だけを無理やり合わせてもよけいチグハグになるだけです。
相場でもかけ違いに気付いたら、そこから何とかしようとするより一旦リセットしてやり直す方が良い結果になるということでしょう。
また、同じミスを避けるためにどこが違っていたかを明らかにしておくことも大事です。
損切に終わったトレードを「残念だった」と片づける前に、失敗の原因の中に次回は訂正できるような性格のものがあったかどうかを洗いなおしておくことができれば、その失敗は次回に生きて来る可能性があります。

 五十音順 前後の格言

 引かれ腰は弱く、利食い腰は強く

引かれとは損切りのことです。 損切は相場に逆らわない、つまり色々と期待を込めて読みを入れないと言うことでしょう。 そう言…(続きを読む)

 引かれ玉は投げよ

引かれ玉とは含み損が事前に決めた損切ラインに達した状態です。 そう言う場面が来たらいろいろ考えたりせずにきっぱりと見捨…(続きを読む)

 引かれ難平は素寒貧に連なる

損切で損失を確定したくないと言う気持ちからナンピンをおこなうとヤバいよということです。 ナンピンはポピュラーな手法なが…(続きを読む)

 人が売る時に買い、人が買う時に売れ

人(皆)がトレンドに乗って売りだしたり、買いだしたりしたときにはだいたいトレンドは終わりに近づいているから、逆張りや反…(続きを読む)

 人がチャンスを見逃す

寅さんはたまにマドンナから意思表示をされることがありますが、まず気づきません。 チャンスを見逃すとはそういう事です。 マ…(続きを読む)

 人の商いを羨むべからず

自分のトレードの利益を他人のそれと比較していては、いつまでも気持ちが落ち着くことはありません。 もし自分が他人より劣っ…(続きを読む)

 人の行く裏に道あり花の山

皆が同じ方向に注目しているからと言ってそれが正しいと言う保証はありません。 誰がトランプが本当に大統領になれると思って…(続きを読む)

 人の噂も七十五日、株の人気はそれより短い

株の人気は一たび火がつくとフィーバーすることがあります。 株の投資家は良さそうな株を日頃から虎視眈々と探っているので、…(続きを読む)

 人は転ぶと、まず石のせいにする。石がなければ、坂のせいにする。そして、坂がなければ、靴のせいにする。人は、なかなか自分のせいにはしない。

本当に道が悪ければ自分のせいだけで転んだとも言えず、石のせいや坂のせいも当然あります。 靴が悪いこともあります。 しかし…(続きを読む)

 人々西に走らば、我は東に向かう時は極めて利運なり

利運とはチャンスの事です。 ここで言う西は西方浄土、幸福の国、つまり利益を求めて買いに走る状態です。 東とは安楽な国の反…(続きを読む)

相場と投資関連の経済用語、金融用語の解説集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
相場の格言、ことわざ、金言、名言を収録した格言集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
投資関連の手法やそれに伴い用語を広く集めて解説してあります。
五十音の索引からも引ける形式にしてあります。
広告


 サイトからのお知らせ。
・11/24日 最新のお知らせや重要なサイトの更新は現在特にありません。

・このサイトはグーグルクロム(Google Chrome PC版)に最適化しています。

広告



TOP