実践相場格言717句

 引かれ腰は弱く、利食い腰は強く

引かれとは損切りのことです。
損切は相場に逆らわない、つまり色々と期待を込めて読みを入れないと言うことでしょう。
そう言う場面で俄か戦略を持ってナンピンなどしてはいけないと言う事です。
逆に利食いは冷静によく相場・値動きを観察して、早めの利食いにするべきか、利を伸ばすべきか、更に玉を乗せてゆくべきかなどを考慮したうえで仕舞いの戦略を相場によっては再検討したほうが良いと言う事だと思います。

 五十音順 前後の格言

 万人が心に従う株ならば、連れなき方へ赴くがよし

人気がピークにきていると言う事ではないでしょうか。 ピークならまもなくブームが去ってゆくわけです。 株の人気が翳り始める…(続きを読む)

 万人が万人までも強気なら、あほうになって売りの種まけ

市場が過熱してきたら無条件に売れと言う事ですが、なかなかそういう時にはあほうにはなれないものです。 阿呆になれと言われ…(続きを読む)

 万人が万人ながら強気なら、たわけになりて米を売るべし

買い手一色の相場なら、売り場ではないかと言う事でしょう。 「田分け」には先の事もルールも考えられない人間と言うニュアン…(続きを読む)

 半値八掛け二割引

大阪船場の繊維問屋は小売りもする店が多いのですが、商品が売れない時の値引き率を決めていたそうで、まずは半値で様子を見て…(続きを読む)

 半値戻しは、全値戻し

目安とするピークからボトムに至るレンジの50%まで値が戻した場合、100%、つまり目安の安値水準まで戻す可能性があると言う事…(続きを読む)

 引かれ玉は投げよ

引かれ玉とは含み損が事前に決めた損切ラインに達した状態です。 そう言う場面が来たらいろいろ考えたりせずにきっぱりと見捨…(続きを読む)

 引かれ難平は素寒貧に連なる

損切で損失を確定したくないと言う気持ちからナンピンをおこなうとヤバいよということです。 ナンピンはポピュラーな手法なが…(続きを読む)

 人が売る時に買い、人が買う時に売れ

人(皆)がトレンドに乗って売りだしたり、買いだしたりしたときにはだいたいトレンドは終わりに近づいているから、逆張りや反…(続きを読む)

 人がチャンスを見逃す

寅さんはたまにマドンナから意思表示をされることがありますが、まず気づきません。 チャンスを見逃すとはそういう事です。 マ…(続きを読む)

 一つ目のボタンを間違えば、三つ目のボタンが合わぬ

ミスには原因があると言う意味だと思います。 仕掛けのタイミングにせよ銘柄選びにせよ、始めに見落としや判断ミスがあれば後…(続きを読む)

相場と投資関連の経済用語、金融用語の解説集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
相場の格言、ことわざ、金言、名言を収録した格言集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
投資関連の手法やそれに伴い用語を広く集めて解説してあります。
五十音の索引からも引ける形式にしてあります。
広告


 サイトからのお知らせ。
・11/29日 最新のお知らせや重要なサイトの更新は現在特にありません。

・このサイトはグーグルクロム(Google Chrome PC版)に最適化しています。

広告



TOP