実践相場格言717句

 判断を誤ることは正常なことだ。それを修正しないのが異常である。

相対論の巨星アインスタインは最後まで不確定性理論を否定していたそうです。
ちなみに相対論までが古典物理学で量子論からが現代物理学になるそうです。
判断を誤ったアインスタインはその考えを修正することなく、死ぬまで不確定性理論の矛盾点を見つけては否定しようとしていたと言います。
結果は見ての通りハイゼンベルクの勝利です。
偉大な頭脳と言えども人間なら判断を誤りますが、誤りを認めて対策をしなければ、そこからの未来がないと言う事です。
アインスタインが自説を曲げずあと数十年生きられたとしたら、少なくともアメリカでは椅子は失っていたと思います。
そうなったらたぶん日本の大学で古典物理学を教えていたかもしれません。

 五十音順 前後の格言

 腹立ち商い致すべからず

株修羅の道と言うブログの灘株太郎の師匠の思い出の中で、灘氏が一度痛い目にあった銘柄への投資を師匠に勧められるのにためら…(続きを読む)

 腹立ち売り、腹立ち買い、決してすべからず

相場は思い通りに行かないことがしょっちゅう起こります。 するとその都度ストレスを感じます。 捨て鉢にもなれば、癇癪も起き…(続きを読む)

 孕みは放れにつけ

「孕み」とはローソク足で一本前の足跡の値幅の中に現在の足が収まっている状態を言います。 このような場合市場は「ここから…(続きを読む)

 バラを切るごとく売るべし

花屋のバラは七~八分咲きの時に切り取ったものを売っているそうです。 全開のばらを店に置いておくと売る頃に萎れてしまうか…(続きを読む)

 判断を誤ることは正常なこと

常に正しい判断が下せる人がいるとしたら、そういう人の人生は正しい判断に必要なことしか見ていないのではないかと思えます。…(続きを読む)

 万人があきれ果てたる値が出れば、高い安いの境なりけり

多くの人が戸惑うような値動きが現れたら、過熱感が迷走あるいは暴走を始めたと考えられますし、個別銘柄の相場なら業績などの…(続きを読む)

 万人が心に従う株ならば、連れなき方へ赴くがよし

人気がピークにきていると言う事ではないでしょうか。 ピークならまもなくブームが去ってゆくわけです。 株の人気が翳り始める…(続きを読む)

 万人が万人までも強気なら、あほうになって売りの種まけ

市場が過熱してきたら無条件に売れと言う事ですが、なかなかそういう時にはあほうにはなれないものです。 阿呆になれと言われ…(続きを読む)

 万人が万人ながら強気なら、たわけになりて米を売るべし

買い手一色の相場なら、売り場ではないかと言う事でしょう。 「田分け」には先の事もルールも考えられない人間と言うニュアン…(続きを読む)

 半値八掛け二割引

大阪船場の繊維問屋は小売りもする店が多いのですが、商品が売れない時の値引き率を決めていたそうで、まずは半値で様子を見て…(続きを読む)

相場と投資関連の経済用語、金融用語の解説集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
相場の格言、ことわざ、金言、名言を収録した格言集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
投資関連の手法やそれに伴い用語を広く集めて解説してあります。
五十音の索引からも引ける形式にしてあります。
広告


 サイトからのお知らせ。
・10/28日 最新のお知らせや重要なサイトの更新は現在特にありません。

・このサイトはグーグルクロム(Google Chrome PC版)に最適化しています。

広告



TOP